社長ブログ

ラッキーな社長⑥

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。競泳、池江選手の白血病公表から1ヶ月。専門家によれば、治療に伴う『しんどさ』も、そろそろピークを過ぎた頃でしょうか。それにしても、彼女のポジティブさには、頭が下がります。たくさん泳いで、たくさん食べる。食いしん坊の池江さんの明るい笑顔が、早く見られると良いですね。皆で応援しましょう。

さて、14日(月)は、暗いうちに家を出ました。地震から3日目、計画停電の内容がハッキリしない中、午前6時20分までに会社に行けば、少なくとも電話は繋がります。午前5時前だったでしょうか。早朝に失礼は承知の上、まず、弁当屋に1本電話を入れました。会社に辿り着いた仲間には、せめて昼飯くらい喰わせてやりたいと。『はい、M社です。今日は出来ますよ。』と、昔馴染みの女社長の声。つい、嬉しくなっちゃって、『うちも営業してますんで、いつも通りお願いします。』と、電話を切ろうとすると、『失礼ですけど、どちら様で?』と。いやいや 興奮の余り、私、会社名を名乗るのを忘れちゃっていたんですね、お恥ずかしい・・・。取り敢えず、この日の弁当は確保。

買い占めの影響で、十分な食材も配送用のガソリンも、手に入るか分らない。しかも計画停電と来れば、お弁当屋さんにとっても、かなり厳しい状況だったことは、間違いありません。15日(火)以降もM社が営業を続けられるのかどうか、次の連絡が来るのを待ちました。コンビニの棚もスッカラカンの有り様ですから、弁当屋に頼らずに、70食前後の食料を、会社が毎日調達し続けるのは 不可能な状況です。食い扶持は個人で持参してもらうよう、皆に説明しなきゃいけないな・・・。半分くらいは諦めかけた、そんな時だったと思います、M社から回答があったのは。『お弁当作ります。やらせて下さい。』と。場合によっては、約束を守れないかもしれない。でも諦めれば、彼らだって収入の道が断たれてしまう。ギリギリの中での、勇気ある決断だったと思います。嬉しかったなぁ、あの一言は。人間、腹ペコじゃ、力が出ないんですから!

今回は、普段は地味で目立たないけれども、2011年の震災直後に、私達の仕事を影で支えてくれた、お弁当屋さんのお話をさせて頂きました。

 

ラッキーな社長⑤

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。二階堂ふみさんとGACKTさん主演の映画、『翔んで埼玉』、人気上々のようですねぇ。ディスられて『なんぼ』の埼玉県ですけど、年間快晴日数では、9年連続で全国ナンバーワン(~2017年、2018年の数字は、まだ公表されていません)。日照時間も長く、日本一天気の良い県なんですよ。太陽光発電には持って来い。

弊社の屋根にもソーラーパネルが載っていて、74.88kw相当の発電能力が有ります。この設置工事が完了したのは、2011年3月23日。未曾有の大惨事、東日本大震災 直後のことです。そして次の事業年度、2011年6月~2012年5月に記録した、年商22億3,499万円が、弊社の過去最高の売上高。震災のダメージを受けたお客様も多く、生産再開に向けた復旧・復興活動に、我々も最大限の努力をさせて頂きました。その結果が表れた数字と言えます。

あの日、伊奈町も、震度5強~6弱くらいは揺れたでしょうか。棚が倒れて1名の怪我人は出たものの、液状化等の被害もなく、週末の間に片付けを済ませれば、月曜日から、工場は通常通りに稼働出来る。そう胸を撫で下ろした矢先に入ってきたのが、例の『計画停電』のニュースです。金属切削が中心の工場に、電気がなければ、開店休業。しかもそれが、数ヶ月に渡って続くかも知れないというのですから、我々にとっては死活問題です。そこで俄かに、従業員の注目が集まったのが、工場の屋根の上。『そうだ、あれだ。あれが完成すれば、俺たちは仕事が出来る。救われる。このタイミングで太陽光を始めるなんて、うちの社長は、ラッキーを超えて、神憑っている。社長は奇跡の人だ。』とのナンセンスな話題で、社内は持ち切りになりました。

結論を申し上げると、第一に、東北・上越新幹線に挟まれた この地区は、鉄道に電気を供給する必要から、計画停電の対象からは除外され、電力不足が操業に影響することは、一切有りませんでした。非常にラッキーだったと思います。そして第二に、もし仮に計画停電の対象になっていたとして、太陽光発電がどれくらい活躍したかというと、御免なさい。設備の中心的役割を果たす、『パワー・コンディショナー』という装置の動力を、外部電源に頼っていますから、停電中はそもそも稼働しません。つまり実際には、全く役に立たなかったという訳ですね(苦笑)。

 

※一部、漢字の誤りを修正致しました。

ラッキーな社長④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。事業承継問題は、中小オーナーの悩みの種。近年は、後継者不在で廃業、雇用を守るため心ならずもM&A なんてケースも、増えているみたいです。私たちのように、商売がちょっと上手く行っている場合に心配なのは、株式移転にかかる相続税・贈与税。ラッキーな社長には、ここでも奇跡が起こります。今回は、かなり専門性の高い話です。出来るだけ分かり易く説明しますが、結構難しいので、興味のない方はスルーして下さい。

中小の非上場会社の株価は、ざっくり言うと、純資産・利益・配当の、三つの要素で決まります。業績が悪くて大赤字、或いは不動産を格安処分等、会社が損をすると、株価がグッと下がり、税負担が減るという仕組みです。会社が損を出せば、経営は当然不安定になる訳ですから、経営者の立場からすると、事業承継と安定経営は、二律背反する課題と言えます。

奇跡は、平成22年3月に届いた一枚の通知によって、もたらされました。私たちの会社、平成5年4月の工業団地入居以来、埼玉県の土地区画整理事業で割り当てられた、『仮換地』で工場を営んでいたんです。長年慣れ親しんだ『小針新宿1247番地』も、仮の表記。通知とは『換地処分』を知らせるもので、これによって、正式な住所『西小針七丁目24番地』を、ようやく手に入れた訳ですが、名刺・カタログの差し替え等、実際 煩わしいことばかり。ところが、顧問税理士の先生から、ここで信じられないような指摘を受けます。『これは一種の、土地の交換取り引き。新・旧土地の差額 は、”譲渡損”として計上可能で、株式の評価額を大幅に下げられます。』と。そんな馬鹿な!!だって、引っ越しもなし、金銭授受もなし、県から届いた紙っ切れ一枚ですよ。曰く、前例も有り、問題ないのだそうです。

その後、先生のご指示通り、提出直前だった会社の確定申告書を差し替え、『相続時精算課税制度』を利用して、株式を一気に移転。世の中には、怪しげな『節税商品』を勧める、経営コンサルタントは大勢いますが、そんなものに一切頼ることなく、また、会社の財務を一切毀損することなく、事業承継に係る税負担を、最小限に抑えることが出来たのですから、これは奇跡としか言いようがありません。

 

※一部、分かりづらい部分が有りましたので、加筆しました。

ラッキーな社長③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。近江商人の商売の心得に、『三方よし』という言葉があるそうです。売り手良し、買い手良し、世間良し。売り買い双方が満足し、且つ 社会にも貢献するのが、良いビジネスであると。

T社 経営破綻の一報が届いたのは、リーマンショックから約8ヶ月後の、2009年5月のこと。景気回復の兆しは一向に見えず、弊社も、必達ノルマ比 65.4%と、仕事量確保に苦しんでいた頃の話。T社の財務内容が芳しくないとの噂は、前々から耳にしていましたが、年商で10億円も売り上げていた老舗の、突然の倒産に、お客様は大混乱に陥りました。『技術のT』を名乗るだけあって、手の込んだ、特殊な設計製作品の比率が高く、弊社営業窓口には、問い合わせの電話が殺到。我々も一品料理は得意としていましたが、何せ情報が足りない。個別の仕様が分からなければ、手の付けようがありません。

そんな時に私たちに手を差し伸べてくれたのが、T社の破産管財人を務めていらした、弁護士の先生です。先生曰く、製品図面等の技術情報こそが、会社に残された最後の財産。元社員の皆さんが、寝ずの番でそれを守っているので、それをお金に換えて、彼らの未払い給与に充てたいと(CADが既に一般化していた当時も、T社は図面の原本を、紙ベースで管理していました)。 オークションの末、我々が図面を落札。7月24日、正式に『機械図面等譲渡契約書』を取り交わして、『三方よし』。破産管財人様の素晴らしい采配で、私たちも、お客様も、元T社従業員の方々も、全ての関係者が納得し、等しく利益を得ることが出来た訳ですね。

この話、多くの方が仕事を失った訳ですから、ラッキーな事例として取り上げるには、相応しくなかったかも知れません。図面を守り抜いた、元T社の皆さん、今も元気に活躍してくれていると嬉しいなぁ。そう言えば、先日、浅草寺で、おみくじを引きましたけど、結果は『吉』でした。まあまあラッキーな社長も、悪くないでしょ?

 

※脱字が有りましたので、修正しました。

ラッキーな社長②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。早起きは三文の徳。毎朝、7時半前後に出社して、鍵を開けるのは、今でも私の日課です。皆が出勤する前に点検がてら、工場をぐるりと一周。暦の上では春になりましたが、早朝は冷え込みます。この冬からは、工場に新設した暖房のスイッチを入れるのも、私の役目に。始業の8時半には、結構暖かくなるもので、実務から離れて久しい私としては、仲間が喜んでくれると想像するだけで、ちょっと幸せな気分です。

さて、ロータリージョイント・スイベルジョイントは、隙間産業。ニッチな業界だから競争がない、なんてことは全くなくて、業界固有の熾烈な争いが繰り広げられてきました。ライバル企業が少ない分、営業レベルでは、”顔の見える”相手との激しいパンチの応酬。こと、業界では老舗中の老舗、宿敵のT社が相手となると、品質・価格・納期、全ての面で、消耗戦を強いられる営業のストレスは最高潮に。その矛先は工場サイドに向けられて、結果、社内は一触即発ムード。こんなのは製造業なら、よくある光景なんでしょうけど、私が代表に就任した2008年頃、弊社も、殺伐とした空気に包まれていました。

そのライバルT社、我々の社長交代劇を察知すると、経験の浅い若社長(私のことです)に対して、心理的な揺さぶりを掛けてきます。こういう展開って、『団塊の世代』の大好物。うちのベテラン勢も、止せば良いのに、挑発に乗ってしまうのが悪い癖。更には社内の主導権争いも加わって、社内はひっちゃかめっちゃかに。あいつがこう言えば、こいつはこう言う。思い出すだけで、もう嫌になっちゃいますね(苦笑)。

ところが話は急展開。人生、何が幸いするか分かりません。ラッキーな社長で何が悪い?続きは次回。

 

ラッキーな社長①

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。TPP11に日欧EPAと、大型の経済連携協定が、立て続けに発効しました。国内総生産の合計が世界全体に占める割合は、TPP11が約13%と日欧EPAが約28%。重複する日本の約6%を差し引いて、世界経済の35%をカバーします。アベノミクスの円安以降、やや割高感のあった輸入食材が、また手頃な価格で手に入るようになりそうですから、期待大ですね。

さて、経理・総務畑出身の私、入社当初の担当業務は、伝票入力・給与計算・社会保険手続… 、単純作業の繰り返しで、仕事に遣り甲斐を見出すことが出来ずにいました。仕事の面白みが分かり始めたのは、入社してから凡そ10年後、採用の仕事を本格的に任されてからですね。永年、機械加工部門を支え続けてきた職人さんも、いよいよ高齢化が進み、後継者を育成することが急務だった頃。ハローワーク頼みでは事が進まず、必死に情報をかき集めました。インターネットは既に普及していたものの、通信速度は極めて遅く、コンテンツも限られていたあの時代、必要とあらば、地方都市にも直接出向き、結果として、多くの『ご縁』に恵まれました。その後も、積極的に様々なルートを開拓、そこで巡り合った若手・ベテラン、全ての皆さんが、現在、製造・設計・営業、会社の中心として、活躍してくれているメンバーなんですね。『お父様はそこまで計算して、崇さんに総務の仕事を託されたんじゃないですか?』 と、おっしゃる方もいますが、それは無いです。父は機械工学出身の割に、やることは感覚的・直観的で、計画的なタイプじゃありませんから(苦笑)。

採用については、私自身も努力したつもりでしたが、やっぱり、ラッキーだったんでしょうね。まず第一に、弊社のベテランが、所謂『団塊の世代』 より少し上の年代が中心だったので、他社との人材獲得競争に巻き込まれずに済みました。そして第二に、バブル崩壊後の『就職氷河期』 を経験した、所謂『ロスト・ジェネレーション』の皆さんが、実力があるにも関わらず就職のチャンスに恵まれなかったことも、私たちには逆に幸いしました。現在、日本の中小企業は空前の人材難。今、当時と同じように人を採用できるかと言われたら、その自信はありません。ラッキーな社長で何が悪い?会社は人が財産。素晴らしい仲間と一緒に仕事が出来て、僕はとても幸せです。

 

大宮っ子の年末年始④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。1月も中旬を過ぎ、まだ年末年始の話の引っ張るには、理由があって、今年の春節は、2月5日(火)。中国を始め、韓国・台湾、その他、ほとんどの東南アジアの国々が、旧暦のお正月をお祝いし、中国では多くの会社が、2月2日(土)から10日(日)までの9連休の見込み。その影響はここ数年、我々のビジネスにも顕著に現れていて、春節休みの前と後に出荷が集中する等、仕事量が大きく変動。アジア経済圏に組み込まれていることを、ヒシヒシと感じます。

さて、2008年の代表就任の後、ある出入りの業者さんに、『社長は運が良いですよね。』と、しばしば言われました。正確には、私の肩書は『代表取締役』で、『社長』は付かないのですが、皆さん、親しみを込めて『社長』と呼んでくれるので、それでも良いかなと。で、ブログのタイトルも、『社長ブログ』としました。ところで、皆さん、『運が良い』と言われると、少し馬鹿にされた気分になりません?結果は出てるけど、『実力はない』って言われているみたいで。私も最初はそう感じたんです。製造業の社長なのに、経理・総務畑出身で、技術・製造・営業の経験ゼロ。この人、ビジネスについては何も分かっていないと思われたって、仕方のない状態でしたけれどね。

実際は、『運が良い』って、最上級の褒め言葉なんだそうです。その出入りの業者さん曰く、『あの社長は運が良いと思われると、自然と周りに人が集まって、商売の話も舞い込んで来るでしょ?運の悪い社長の周りに集まろうなんて人、誰も居ませんよ』と。欲しくても手に入らない能力なんだと。成程、物は考えようで、確かにその通りだと思いましたね。

ラッキーな社長で何が悪い?確かに、自分はラッキーだと感じた経験も多々あるので、いずれご紹介させて頂こうと思っています。そう言えば、今年はまだ、おみくじを引いていなかったです。今度、引きに行こうかな。

※一部、誤字・脱字がありましたので、修正致しました。

大宮っ子の年末年始③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。1968年生まれの私の体は、2/5の昭和と3/5の平成で出来ています。大宮から上尾に越してきたのが1998年ですから、3/5は大宮、2/5は上尾で出来ているとも言えます。

年末年始、大宮はお祭り騒ぎとお伝えしましたが、お隣りの上尾は全く違って、駅前で行われる夏祭りが、大変な賑わいを見せます。駅周辺 8つの町の神輿が集結して行われる、『神輿御渡』は壮観。担ぎ手の圧倒的なエネルギーに驚かされた初体験は、もう20年も前の話なんですね。弊社の本社工場の在る伊奈町は、その上尾市の東隣り。祭りで担ぐ神輿が、志久という地区の1台しか無かったとのことで、地域の若手メンバー(田舎なので若手と言っても若くないのですが…)が協力し、昨年、新たな1台が完成しました。夏祭りまでには、我々の提灯も飾り付けてもらう予定です。

さて、『大宮っ子』の私が上尾に越して、忘れられない年末年始の一つが、2008~2009年の年越しですね。総務課長に過ぎなかった私が、2008年の6月 急遽、代表の座を引き継いで、その後はまさにジェットコースターでした。ストレスからか、不眠・不整脈に味覚異常と、経験のない体調不良のオンパレード。そんな中、急騰する原材料費を賄うべく、最初にやらなければならなかったのが、お客様との価格交渉です。先輩営業マンの力を借りて、なんとかお客様のご理解を得られたと思った矢先、世界経済を襲ったのがリーマン・ショック。経済活動はピタリと止まり、東京の日比谷公園には、『年越し派遣村』なるものが開設されました。11月~2月くらいだったでしょうか、自宅の近くを走る国道17号には、荷物を積んだトラックの影も疎らで、『ガタゴト ガタゴト』、いつもと違う貨物の響きに、高崎線を列車が運ぶ積み荷の量も、極めて少ないであろうと、聞いて想像つく訳です。

物流が止まって、世界が凍りついた年末年始。今でも忘れません。もう10年も前の話なんですね。

 

 

大宮っ子の年末年始②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。大宮生まれの大宮育ちの私にとって、初詣と言えば子供の頃から、氷川神社と決まっていました。氷川神社には、さいたま新都心駅から続く『氷川参道』とは別に、『裏参道』というもう一つの参道が在るのをご存知でしょうか?私は『裏参道』側に住んでいましたので、私にとってはこちらが表玄関。参拝する際は、いつも人混みを避けることが出来ました。大宮駅の東口から東武バスに乗ると、旧中山道沿いに、『裏参道』というバス停が在りますので、一度使ってみて下さい。

さて、『裏参道』の一つ手前に、『宮町四丁目』というバス停が在ります。駅から北に向かって大宮東口の繁華街を抜け、一部の方には有名な(?)風俗街、『北銀座』をちょっと過ぎた辺り。路地の入り組んだ一角、今は駐車場になっていますが、そこが、私たちの原点とも言うべき、岩井製作所の創業の地です。㈱昭和技研工業設立で、父 岩井正美が新製品の研究開発を進めたのも、この場所です。ま、場所が場所だけに、夜な夜な私の父が界隈に出没したとかしないとかで、『岩井君って、あの岩井さんの息子さんなんだって?』と、近所の中華料理屋のオジさんに冷かされたのも、今や昔の話。当時、実際には何をしていたかって?それは私に聞かないで下さい(苦笑)。

私たちの第二創業は、父 岩井正美の爆発なエネルギーなしには、達成し得なかったと思います。アイディアマンで、誰からも嫌われない優しい性格。ジョイントメーカーとしては後発で、物真似からの見切り発車でしたが、素晴らしい仲間に恵まれて、いくつもの大きな危機を乗り越えてきました。引退後、父は一度も会長を名乗っていません。体調を崩し代表を退くことになった11年前、権力の二重構造による社内対立を心配した私の提案を、快く受け入れてくれたのです。それは仕事一本だった父にとって、大きな決断だったのではないでしょうか。

そんな父も、今年で80歳になります。足腰も弱り、随分歳を取りましたが、二代目 岩井正美は、監査役として、今も私たちの仕事を優しく見守ってくれています。面と向かってはなかなか言えないけど、親父、いつもありがとう。

 

大宮っ子の年末年始①

あけましておめでとうございます。㈱昭和技研工業の岩井です。1月6日 会社を代表し、神田明神にてご祈祷を受けて参ります。昇殿は今年が2回目。当日は、当社の商売繁盛と社運隆昌、それから、読者の皆さんの無病息災と開運招福もお祈りして参ります。神田明神と言えば商売の神様で、そのシステムも最先端。こういう予約申し込みもすべてネットです。11月1日に受付をスタート、神田明神の公式サイトにアクセスして、必要事項を入力してポチッとすると、受付完了を知らせるメールが届きます。受付票は印刷する必要がなく、当日もスマホをかざすだけでOK。来年辺り、初穂料がQRコードでキャッシュレス決済、なんてことも有るかも知れませんよ。

武蔵野国一宮氷川神社の地元、埼玉県の大宮 (現さいたま市) に生まれ育ったせいか、祖父とは違って、私は意外と好きなんですよね、こういうの。子供の頃のお祭りと言えば、神輿を担ぐ夏祭りではなく、12月に氷川神社で行われる『十日市 (大湯祭) 』。全長約2km、日本一長いという参道にはぎっしりと露店が並び、酉の市で熊手を買い求める参拝客でごった返します。商談が成立すると、威勢の良い掛け声と共に三本締めが境内に響き渡り、翌年の商売繁盛を願う訳です。クリスマスを挟んで次に来る大きなイベントが、お正月三が日の氷川神社への初詣で、こちらもお祭り気分。多分これは私だけの話じゃなくて、『大宮っ子』は皆、12月に入ると気分がワサワサしたものなんです。

会社の事業年度で言うと、弊社はちょっと変則で6月に新年を迎えます。今年度も残すところ5ヶ月弱。さて、達磨にもう一つ目を入れる数字に届くかどうか?もうひと踏ん張りです。今年もチーム一丸頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

※写真の御札と熊手は、昨年のモノです。

※一部、誤りや読みづらい部分がありましたので、修正致しました。