社長ブログ

大宮っ子の年末年始③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。1968年生まれの私の体は、2/5の昭和と3/5の平成で出来ています。大宮から上尾に越してきたのが1998年ですから、3/5は大宮、2/5は上尾で出来ているとも言えます。

年末年始、大宮はお祭り騒ぎとお伝えしましたが、お隣りの上尾は全く違って、駅前で行われる夏祭りが、大変な賑わいを見せます。駅周辺 8つの町の神輿が集結して行われる、『神輿御渡』は壮観。担ぎ手の圧倒的なエネルギーに驚かされた初体験は、もう20年も前の話なんですね。弊社の本社工場の在る伊奈町は、その上尾市の東隣り。祭りで担ぐ神輿が、志久という地区の1台しか無かったとのことで、地域の若手メンバー(田舎なので若手と言っても若くないのですが…)が協力し、昨年、新たな1台が完成しました。夏祭りまでには、我々の提灯も飾り付けてもらう予定です。

さて、『大宮っ子』の私が上尾に越して、忘れられない年末年始の一つが、2008~2009年の年越しですね。総務課長に過ぎなかった私が、2008年の6月 急遽、代表の座を引き継いで、その後はまさにジェットコースターでした。ストレスからか、不眠・不整脈に味覚異常と、経験のない体調不良のオンパレード。そんな中、急騰する原材料費を賄うべく、最初にやらなければならなかったのが、お客様との価格交渉です。先輩営業マンの力を借りて、なんとかお客様のご理解を得られたと思った矢先、世界経済を襲ったのがリーマン・ショック。経済活動はピタリと止まり、東京の日比谷公園には、『年越し派遣村』なるものが開設されました。11月~2月くらいだったでしょうか、自宅の近くを走る国道17号には、荷物を積んだトラックの影も疎らで、『ガタゴト ガタゴト』、いつもと違う貨物の響きに、高崎線を列車が運ぶ積み荷の量も、極めて少ないであろうと、聞いて想像つく訳です。

物流が止まって、世界が凍りついた年末年始。今でも忘れません。もう10年も前の話なんですね。

 

 

大宮っ子の年末年始②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。大宮生まれの大宮育ちの私にとって、初詣と言えば子供の頃から、氷川神社と決まっていました。氷川神社には、さいたま新都心駅から続く『氷川参道』とは別に、『裏参道』というもう一つの参道が在るのをご存知でしょうか?私は『裏参道』側に住んでいましたので、私にとってはこちらが表玄関。参拝する際は、いつも人混みを避けることが出来ました。大宮駅の東口から東武バスに乗ると、旧中山道沿いに、『裏参道』というバス停が在りますので、一度使ってみて下さい。

さて、『裏参道』の一つ手前に、『宮町四丁目』というバス停が在ります。駅から北に向かって大宮東口の繁華街を抜け、一部の方には有名な(?)風俗街、『北銀座』をちょっと過ぎた辺り。路地の入り組んだ一角、今は駐車場になっていますが、そこが、私たちの原点とも言うべき、岩井製作所の創業の地です。㈱昭和技研工業設立で、父 岩井正美が新製品の研究開発を進めたのも、この場所です。ま、場所が場所だけに、夜な夜な私の父が界隈に出没したとかしないとかで、『岩井君って、あの岩井さんの息子さんなんだって?』と、近所の中華料理屋のオジさんに冷かされたのも、今や昔の話。当時、実際には何をしていたかって?それは私に聞かないで下さい(苦笑)。

私たちの第二創業は、父 岩井正美の爆発なエネルギーなしには、達成し得なかったと思います。アイディアマンで、誰からも嫌われない優しい性格。ジョイントメーカーとしては後発で、物真似からの見切り発車でしたが、素晴らしい仲間に恵まれて、いくつもの大きな危機を乗り越えてきました。引退後、父は一度も会長を名乗っていません。体調を崩し代表を退くことになった11年前、権力の二重構造による社内対立を心配した私の提案を、快く受け入れてくれたのです。それは仕事一本だった父にとって、大きな決断だったのではないでしょうか。

そんな父も、今年で80歳になります。足腰も弱り、随分歳を取りましたが、二代目 岩井正美は、監査役として、今も私たちの仕事を優しく見守ってくれています。面と向かってはなかなか言えないけど、親父、いつもありがとう。

 

大宮っ子の年末年始①

あけましておめでとうございます。㈱昭和技研工業の岩井です。1月6日 会社を代表し、神田明神にてご祈祷を受けて参ります。昇殿は今年が2回目。当日は、当社の商売繁盛と社運隆昌、それから、読者の皆さんの無病息災と開運招福もお祈りして参ります。神田明神と言えば商売の神様で、そのシステムも最先端。こういう予約申し込みもすべてネットです。11月1日に受付をスタート、神田明神の公式サイトにアクセスして、必要事項を入力してポチッとすると、受付完了を知らせるメールが届きます。受付票は印刷する必要がなく、当日もスマホをかざすだけでOK。来年辺り、初穂料がQRコードでキャッシュレス決済、なんてことも有るかも知れませんよ。

武蔵野国一宮氷川神社の地元、埼玉県の大宮 (現さいたま市) に生まれ育ったせいか、祖父とは違って、私は意外と好きなんですよね、こういうの。子供の頃のお祭りと言えば、神輿を担ぐ夏祭りではなく、12月に氷川神社で行われる『十日市 (大湯祭) 』。全長約2km、日本一長いという参道にはぎっしりと露店が並び、酉の市で熊手を買い求める参拝客でごった返します。商談が成立すると、威勢の良い掛け声と共に三本締めが境内に響き渡り、翌年の商売繁盛を願う訳です。クリスマスを挟んで次に来る大きなイベントが、お正月三が日の氷川神社への初詣で、こちらもお祭り気分。多分これは私だけの話じゃなくて、『大宮っ子』は皆、12月に入ると気分がワサワサしたものなんです。

会社の事業年度で言うと、弊社はちょっと変則で6月に新年を迎えます。今年度も残すところ5ヶ月弱。さて、達磨にもう一つ目を入れる数字に届くかどうか?もうひと踏ん張りです。今年もチーム一丸頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

※写真の御札と熊手は、昨年のモノです。

※一部、誤りや読みづらい部分がありましたので、修正致しました。

 

『パール』の謎④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。クリスマスも終わると、いよいよ年の瀬も押し詰まって参ります。今の住まいの近くにはお寺が在って、大晦日には除夜の鐘が鳴り響き、厳かなムードで新年を迎えます。岩井家は会社を経営している家の割りに、伝統的な風習に縛られるのが好きではなかったようで、門松やしめ縄を飾って新年を迎えるといった習慣は、有りませんでした。毎年、親類一同集まって楽しんだ食事会は、良い想い出です。

創業者 岩井正光、その実家も埼玉県の大宮で商売を営んでいたのですが、5人兄弟の末っ子として生まれたせいか、独立心旺盛。飛び出すかのように丁稚奉公に出た先が、真珠の産地、三重県英虞湾から少し離れた、尾鷲市の鉄工所でした。そこで船のエンジンの修理の仕事に携わったのを切っ掛けに、実家の商売とは全く関係ない、旋盤職人の道を歩み始めます。その後の反骨精神は、この辺りから来ているのかも知れませんね。手に職を付けると強いもので、祖父は戦争に2回召集されましたが、2回とも生きて帰ってきました。曰く、『お前は生きて帰ってこい』と。戦争で使う道具を巧みに修理する職人に、戦場で死なれたらお国の損失という訳です。

終戦間もなく旋盤一台からスタートし、当時、自動車等の部品加工を手掛けていた岩井正光。少年時代に丁稚奉公先で見た真珠養殖業のように、いつかは自分も成功(せいこう)する、精巧(せいこう)な技術で真珠のように美しく輝くと誓って、1966年の第二創業期に、自社ブランドを立ち上げる際に採用したのが、『パール』というブランド名。1970年には、岩井製作所もパールセーコー(成功・精巧・正光(せいこう))と名前を改めます。2008年の合併でパールセーコーという会社名は無くなり、現在はブランド名の『PEARL JOINT』だけが残りました。

『パール』の謎。『パール』には、戦後の復興と自らの飛躍を願う、創業者の熱い思いが込められているのです。

では、皆さん。良いお年を!!

※一部誤りがありましたので、修正致しました。【誤】商売とは全く無関係ない → 【正】商売とは全く関係ない

『パール』の謎③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。福山雅治さんのインスタグラムが、話題を呼んでいます。彼のホームタウン、長崎の観光ピーアールの一環のようで、私個人的には、『うに丼』バージョンが一番好きです。福山さんは私と同い年で、来年の2月に50歳を迎えます。世代を代表するイケメンが、人生の節目を前に、よくぞここまで思い切ったことをしてくれました。それにしても、最近の画像処理技術の進化には、目を見張るものがありますね。

さて、魏志倭人伝や万葉集にもその記述がみられるように、日本は古くから天然真珠の産地として有名でした。その日本において、1900年代前半に誕生した革新的技術というのが、今はジュエラーとして有名なミキモトの、丸い真円の真珠の養殖技術です。念の為、天然真珠って丸くないんですよ。三重県の英虞湾を拠点に、多くの人達の協力を得ながら事業は拡大、1930年代には、日本の養殖物が、中東の天然物に取って代ります。クウェートでは真珠の輸出に頼った国家経済が破たん寸前、油田開発へのシフトが一気に進んだという、これは嘘のような本当の話です。

量産体制の整った1950年代には世界シェア90%、1960年には日本の真珠輸出額は100億円を超えたそうです。このように、新たな技術の開発で世界の頂点を極め、日本を代表する存在にまで上り詰めた日本の真珠産業が、戦後の焼け野原から新たな一歩を踏み出した若者達にとって、まさに憧れのサクセス・ストーリーであったことは言うまでもありません。戦争が始まる前、英虞湾から少し離れた三重県の尾鷲市の鉄工所で、丁稚奉公をしていた岩井少年も、日本の真珠産業の大躍進を、間近で見て来た一人だったという訳ですね。

『パール』の謎②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。先日、ファンタビの2作目を観て来ました。正直、期待していなかった分、その出来の良さに大興奮。若き日のアルバス・ダンブルドアも登場して、この先の展開が益々楽しみです。闇の魔法使い役で出演のジョニー・デップ、彼の代表作と言えば『パイレーツ・オブ・カリビアン』でしたが、そうでもなくなる日が来るかもしれませんよ。

さて、その『パイレーツ・オブ・カリビアン』で、ジョニー・デップが演じたジャック・スパロウ船長が指揮するのが、ブラックパール号。天然の黒が美しい黒蝶真珠、その産地は残念ながらカリブ海ではなくて、ほとんど全てが南太平洋のタヒチ産だそうです。歴史をさかのぼると、真珠採りで巨万の富を築いたことで有名なのが、ペルシャ湾沿岸の真珠商人。バーレーンに残された真珠採取用の建物群は、世界遺産に登録されています。貝殻を開けてみなけりゃ分からない、海底に眠るお宝を探し出すのは非常に大変なことでしたから、世界各地で長きに渡って、天然真珠は希少価値の高い宝石として高値で取引されていたんですね。

世界で真珠の争奪戦がなお続く1900年代前半、真珠産業の世界地図を塗り替えてしまう、ある画期的な技術が日本で開発され、1950年代には、日本の真珠が世界シェアの90%を占めるに至ります。『パール』の謎を解くカギは、この技術革新発祥の地とされる、三重県の英虞湾から少し離れた、尾鷲市に隠されているのです。

『パール』の謎 ①

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。前回から2週間以上も間が空きましたので、この社長、ブログ・オープンの途端ネタ切れか、それとも開設で既に満足してやる気ゼロかと、心配された方もいらっしゃるかも知れませんが、差に非ず。同時配信予定のLINE@さん側の事情で、現状は月の投稿は4回までなら無料という設定になっていて、12月の声を聞くまでアップするのを待っていたという訳です。

さて、私たちは、ロータリージョイントやスイベルジョイントという、産業装置用の配管部品を製造販売してる会社です。その説明については、本家ホームページの方に譲るとして、ブランド名として使っている『パールジョイント(PEARL JOINT)』、前回の投稿でも写真を載せましたが、その『パール』って、一体何なのでしょう?

私たちの会社には、『SGK』というニックネームも有ります。こちらは非常に分かり易い。昭和(Showa)・技研(Giken)・工業(Kogyo)の頭文字を取って『SGK』です。じゃ、『パール』は何処から来たのかと問われると、パール=真珠という想像は出来ても、そこから先は良く分からない。若い従業員の方は勿論、ベテランの先輩方も意外と知らない方が多かったようで、お客様に営業先で尋ねられて返答に困ったという声も耳にします。

私たちの地元の埼玉県伊奈町、特に工業団地の仲間内では、今でも『パールさん』の愛称で親しみを込めて呼ばれていますし、海を越えて遥か遠くアメリカの地に於いても、『PEARL』は、東洋の謎のジョイントメーカーとして、古くから知られていたようです。『パール』って、一体何なのでしょう?

『パール』の謎。その謎を解くカギは、創業の地 埼玉県ではなく、実は三重県の尾鷲市に在るのです。

社長ブログの船出

始めまして。㈱昭和技研工業、代表取締役の岩井崇と申します。この度、弊社Websiteに、『社長ブログ』を開設致しました。今年6月で代表に就任して11年目、今まで沢山の文章を書き溜めてきましたが、その中で皆さんにもご紹介出来るものや、中小企業を率いる”親父”として、今私が経験していること感じていることを、率直に書き綴っていこうと思っていますので、末永きお付き合いをよろしくお願いしたいと思います。

ブログのスタートに先立ちまして、LINE@、Twitter、Facebookにも、会社の公式アカウントをオープン。既にいくつかの記事を掲載させて頂きました。本ブログは、各アカウントにも同時配信する予定ですので、お時間のある際には是非、皆さまのご都合のよろしいSNSで、弊社との楽しいひとときを過ごして頂ければと思います。

さて、のっけから可笑しなお侍さん風コスプレ姿で登場させて頂きましたが、本人は至って本気です(笑)。会社の新たな船出の意味を込めて、SNSのカバー写真は雪化粧も美しい朝焼けの一枚、幕末のヒーロー坂本龍馬にあやかって『昭和技研の夜明けぜよ』というつもりだったんですけど、あの有名な一言、どうやら龍馬本人の言葉じゃないらしいですね。詰めが甘過ぎる!!私らしいズッコケ振りだなぁ(苦笑)。

長い船旅になりそうです。穏やかな日も波の荒い日もあるでしょう。クルーの仲間と力を合わせ、チーム一丸頑張って参りますので、これから応援を宜しくお願い致します。

※『てにをは』の誤りを一部、修正致しました。