社長ブログ

社長、プールで泳ぐ④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。闇営業問題で謹慎中だった、吉本芸人達が活動を再開。とは言え、激烈な競争社会。その座を奪うチャンスを虎視眈々と狙っていた若手は、幾らでもいるでしょうから、今後も彼等が同じように活躍できるかどうかは、本人達次第というところでしょうか。振り込め詐欺の被害に遭われた方々に対する思いを忘れることなく、謙虚な気持ちで頑張ってもらいたいと思います。一方、パワハラ体質で批判を浴びた吉本興業㈱も、所属タレントとの契約方法を見直す方針とのこと。『令和元年』は、芸能界にとっても、大きな節目の年になりそうです。

さて、半導体を製造するうえで、必須の部材や重要な製造装置の多くが日本製であることは、昨今の報道で、皆さん ご存知のことと思います。スマホや車載用のバッテリー関連の分野に於いても同様で、弊社も微力ながら、そのサプライチェーンの一翼を担わせて頂いておりますので、某社の新型スマホが発売直後から出火事故を頻発、大規模なリコール騒動に発展した際には、使用される部材や製造装置の不具合の可能性も取り沙汰され、我々も肝を冷やしたものです。ビジネスに限らず、一度失った信用・信頼関係を取り戻すのは、並大抵のことでは有りません。今回ご紹介させて頂くのは、リオ五輪が終わって間もなくの2016年10月、朝礼で取り上げたエピソードです。説得力有りと感じて頂けたら、SNSの投稿に『いいね』下さい(笑)。

皆さんは、ライアン・ロクテという、米国の水泳選手をご存知でしょうか?彼は、オリンピック通算28個のメダルを獲得した、『水の怪物』マイケル・フェルプスと並んで、米国ではマイナーだった競泳をメジャー・スポーツに押し上げた、水泳界のスーパースター。ロクテ選手自身も、通算12個のメダル獲得していますが、彼がリオ五輪で、大変なことをやらかしちゃったんですよねぇ。大会期間中、リオデジャネイロの街で、警官らしき男に拳銃を突きつけられて、金品を奪われたと証言。実はこれが全くのでっち上げで、実際はパーティーで酔っぱらい、帰り掛けに寄ったガソリンスタンドで器物損壊、店側が弁償を求めると更に暴れ出したので、警備員に身柄を拘束されたと言うのが事実のようで、何を勘違いして、話を面白可笑しく脚色したのか分かりませんが、特権意識を持ったアメリカ人が、ブラジル人を三流国民として侮辱した事件として、国際問題に拡大。結果、ロクテ選手は、10ヶ月の資格停止処分やスポンサーとの契約打ち切り等、今まで築き上げて来た、全てのものを失うことになりました。

その後、無許可の静脈注射で、更に14ヶ月の資格停止処分を受け、アルコール依存症にも苦しんだ、ロクテ選手も今年で35歳。引退かと思いきや、8月の全米選手権、200m個人メドレーで見事に優勝、復活を遂げました。失ったものを取り戻す為ではなく、不祥事以降、支えてくれた家族の為、そして自分自身の為に、東京五輪を目指すのだそうです。是非、頑張ってもらいたいですね。

繰り返します。一度失った信用・信頼関係を取り戻すのは、並大抵のことでは有りません。

※一部、表現を変更しました。

 

社長、プールで泳ぐ③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。ラグビーW杯前回大会で大活躍だったのが、五郎丸歩選手。グループリーグ4試合で58得点、ベスト・フィフティーンにも選ばれました。彼の人気を、お茶の間にまで広めたのが、プレースキック前に行う、独特の『ルーティーン』。集中力を高める為に、メンタルコーチと、二人三脚で作り上げたんだとか。北海道網走で、最終選考を兼ねた合宿も始まりました。本大会では、どんなニューヒーローが誕生するか、楽しみです。選手の皆さん、頑張ってくださいね。

さて、今回ご紹介するのは、2012年9月の朝礼で取り上げた、私の水泳再開前のエピソードです。直接的には付加価値を生まない、地味な作業も、しっかりと『習慣化』して継続することで、会社の屋台骨とでも言うべき、『経営理念』を支える力になると。説得力有りと感じて頂けたら、SNSの投稿に『いいね』下さい(笑)。

長い夏休み中ゲームばかりで、運動不足のお子さんも多いのでしょう。娘の通った小学校の夏休みの宿題には、『一日一回、ハーハーするくらい運動する』というのが有って、当時、小二の娘がやると決めたのは、『縄跳び300回』。運動不足の私も、それくらいなら出来るだろうと、付き合うことに決めました。初日の朝、子供の縄を借りたまでは良いのですが、それで飛ぶのが 一苦労。何せ 短い。必要以上の腿上げに耐え、後頭部をかすめる縄の恐怖に、打ち勝たなければなりません。2日・3日も続けると、次第に筋肉痛は和らぎ、夏休みの間、縄跳びを続けたのが、水泳再開の切っ掛けとなりました。縄跳びって地味ですけど、足腰を中心に、体の中心線『体幹』を鍛えてバランスを整えるのには、とても良い運動だなと思います。体の軸が弱っていると、当然姿勢も悪くなりますし、腹から声が出なくなる。大きな声で、明るい挨拶から1日が始まれば、会話も弾むし、人間関係もスムーズに運ぶもの。『体幹』を鍛えるって、心にも体にも大切です。

会社組織にとっての『体幹』、ブレてはならない軸と言うのは、『経営理念』です。そして『経営理念』を実現する為に、中期経営計画と単年度の経営方針が有って、これらが『縄跳び300回』に当たります。その年の、経営方針の重点項目は、品質に対する意識改革と、品質管理システムの再構築。規格書・作業標準・検査記録の整備や、不具合報告の徹底等、煩わしいばかりで、つい後回しになりがちだった、記録を取る・文書に残すを『習慣化』し、会社の『体幹』を、より強固なものに鍛え上げたい、と考えた訳です。勿論、紆余曲折は有りましたが、その後、この地道な取り組みは、企業の文化として定着。社内の情報共有やカイゼン活動等に発展し、2019年の今も尚、弊社の『経営理念』の第一項目に謳われる、『お客様にご安心頂けるサービス体制』を、支え続けています。

では、『縄跳び300回』の方は、習慣として定着したかと言うと、せっかく『My 縄』を購入したにも関わらず、止めました。マンションの周囲は、コンクリートにアスファルト。足腰に負担が掛かるものですから。替わりに始めて、長年続いている習慣はというと、夕食後の腕立て・腹筋・スクワットに、寝る前のストレッチ。そう言えば、帰り際には公園に寄って懸垂も。他にも、朝は、出勤前にビジネス英単語の習得、会社に着いたら、ネット上の英語ニュースで情報収集。行き帰り車の中でも、CDのシャドーイング。それから週末はプールに行って、英会話サークルに参加して、浅草に行って・・・と、年々『ルーティーン』が増えるばかり。私が学ぶべきは『習慣化』ではなく、整理する技術、『断捨離』の方かも知れません(苦笑)。

 

社長、プールで泳ぐ②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。今年は冷夏。暑い夏はやって来ないと信じていましたが、やっぱり来ました。連日の猛暑日に、私は早くも夏バテ気味です。十分な睡眠と、バランスの取れた食事。ビタミンB1やクエン酸、良質のたんぱく質を摂取すると、疲労回復に繋がるようですね。

さて、ニッチな成熟産業に於いて、新規開拓ほど難しい仕事は有りません。何度ご訪問しても色よい返事を下さらないのは、ライバル企業が がっちりとハートを掴んだ、長年の固定客の皆様。自然と営業マンの足が遠のく理由も、分からないではありません。今回お話しするのは、業績不振の続く2015年1月~3月の朝礼で、ちょっとした切っ掛けが 苦手克服に繋がった一例として、取り上げさせて頂いたエピソードです。説得力有りと感じて頂けたら、SNSの投稿に『いいね』下さい(笑)。

体力づくりの一環として、水泳を再開した頃、萩野選手・瀬戸選手の若い2人が、個人メドレーで大活躍。刺激を受けた私は、クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライの4種目を、キッチリ泳げるようになりたいと、思っていました。克服すべき最大の難関は、背泳ぎ。鼻から水が入るのが嫌で、ほとんど練習したことがなかったんです。一般的には、鼻から少しずつ息を吐き続ければ、水は入らないと言うのですが、水中で肺の空気が無くなっていくって、恐怖ですよね。で、慌てて息継ぎをした途端、気管に水が入って、もうパニックです。生理学的に言って不可能というのが、私の今までの見解でした。

ところがです。技術の進歩ってのは凄いですね、或いは、大人ってのは狡いなとでも申しましょうか、ある画期的なアイテムを発見したんですよ。それは何か?『ノーズクリップ』、所謂、鼻栓ってやつですね、昔のシンクロ、今で言う、アーティスティック・スイミングで使っている。私が高校生の頃は、シリコーン製品なんて、一般には出回っていませんでしたけど、その時には、普通のスポーツ用品店でも市販されていて、これがね、凄い。効果抜群。壁から3メートルも行かないうちに、死にそうな顔で咳込んでいた私が、気分は既に、バサロ泳法でソウル五輪金メダルの、鈴木大地(長官)!!

精神的に余裕が出ると、今まで見えなかった世界が見えて来ます。壁を蹴ることを意識する余り、足元ばかりに目が行っていたことに気付いた私は、思い切って、視線を真正面に向けてみることに。すると、水面越しにプールの天井がクッキリと現れ、同時に、水中の深さ約1m辺りでしょうか、自分の体が仰向けのまま、スーッと前に滑って行くのが分かりました。目線を変えただけで、後頭部で受けていた無駄な抵抗が減って、同じ蹴る力でもより効率的に、体を前に運ぶことが出来るようになった訳です。

人生に於いても仕事に於いても、目線をどちらに向けるかって重要だと思いませんか?実際、俯いて下を向いていると、碌な事は起きません。私の場合、ちょっと道具に頼りましたけど、苦手克服の一つの切っ掛けになるのであれば、それはそれで良いんじゃないかと思います。仕事の方はというと、その後、2016年5月期を底に、売り上げは反転。先期まで、3期連続の増収を達成していますから、私の言葉も、従業員の皆さんに、少しは響いたのかも知れません。全国の『アンチ昭和』の、ジョイント・ユーザーの皆様。私が同行してお邪魔する際には、『うまい、うますぎる』で有名な、埼玉銘菓をお持ちしますので、次回の発注の際には、是非、相見積もりにだけでも、参加させて下さいね(笑)。

 

社長、プールで泳ぐ①

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。俳優で歌手の吉川晃司さんが、クールな銀髪で『下町ロケット』に登場して以来でしょうか、最近、敢えて髪を染めず、白髪をお洒落に楽しむ中高年の皆さん、とっても増えました。年齢不相応に真っ黒なよりはナチュラルですし、『逆プリン』を放って置くよりは清潔感が有って、好印象ですよね。私も異論有りません。このまま薄くならずに『ロマンスグレー』になれば、なんて素敵なことだろうと思います。その一方で、私の場合はヘアカラー未体験。人生は何事も経験です。一度もチャレンジする事なく、白髪頭を受け入れるのもどうかと思い、50歳で一念発起、白髪を染めてみることにしました。

店長からは、「白を黒に寄せて、黒を白に寄せると、全体的に明るい色に仕上がりますが、白髪は目立たなくなりますよ」との提案。お任せすると、なかなかの良い仕上がり。5歳は若返ったように感じました。1週間後には、鏡の中の若作りな自分にも慣れましたが、2~3週間待たずして、茶髪がワイルドな、見知らぬ『ちょい悪親父』がそこに現れて、1ヶ月も経過すると、真っ赤な頭がチャラ過ぎて、表に出るのが恥ずかしい位になってきました。染髪の大先輩である妻に意見を求めると、「プールで泳ぐからでしょ?」と一言。なるほど、健康維持のために週一回泳いでいたのが災いして、想定よりも早く、色落ちしてしまったようです。現在は、お店に紹介してもらった真っ黒なシャンプーで、メンテナンスを心掛けています。

中学時代は文化部で、体力向上の為に、高校で私が選んだのが水泳部。水球で、代表クラスの選手だった吉川晃司さんが、『モニカ』という楽曲で颯爽とデビューした、丁度、その頃のお話です。練習についていくのが精一杯で、万年補欠の私でしたが、頭は茶髪、真っ黒な肌には、ピッカピカに光る金色の体毛と、見て呉れだけは、一丁前の水泳部仕様だったんですよ。結婚して子供が出来ると、泳ぐ機会も減りましたが、会社の代表に就任し、少し余裕の出て来た40代中盤で水泳再開。50歳にして、人生2度目の茶髪を経験中です。私の知らないうちに、競泳界には、マイケル・フェルプスやライアン・ロクテなど、世界的スーパースターが出現。科学的なアプローチの導入で、世界記録は大幅に短縮され、泳ぎのテクニックも、根性論のまかり通った私の高校時代から、大きな変化を遂げていました。そして、今回の世界水泳での、『トビウオジャパン』の大活躍。埼玉出身の男子キャプテン、瀬戸大也選手は、3つのメダル獲得と、個人メドレー2種目で東京五輪内定。おめでとうございます!

ラグビーW杯日本大会も、もう直ぐ。水泳に限らず、スポーツの話題って、ビジネスでも参考になる部分が多いので、社内の朝礼で取り上げさせてもらうことが、結構多いんです。と言う訳で、海を渡り、川を語った後は、プールで泳ぎます。以前、従業員の皆さんの前で話した、スポーツ関連のエピソードを元に、令和新時代の視点も加え、再編集してお届けします。お楽しみに。