社長ブログ

社長、2021年を振り返る①

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。分厚い二酸化炭素の大気に包まれた、金星の地表温度は約470℃。理論上の『放射平衡温度』を520℃近くも上回るのは、CO2の強力な温室効果によるものと考えられていて、人為的な排出を このまま放っておくと、地球が “灼熱地獄” になると考える人々の一つの論拠とされています。金星の温度って何時 誰がどの様に測ったのでしょう?2021年を振り返るに先立ち、今回は天空の旅にご案内致します。

金星探査と言えば、旧ソビエト連邦によって実施された『べネラ計画(1961~1983年)』です。金星の地表の温度を計測したのは、1970年に初めて金星への軟着陸(soft landing)に成功したべネラ 7号。大気圧はこの時の収集データを元に約90気圧と推定されました。アメリカの『パイオニア・ヴィーナス計画(1978年)』では、降下した探査機が地表に衝突(impact)後、信号は 1時間余りで途絶えてしまった一方で、旧ソ連は合計で 8回の軟着陸に成功。1975年に 9号機が地表面のモノクロ写真、1982年には13号機がカラー写真を撮影し、そのデータを地球に送り届けています。その後 日米欧によって行われたのは、金星軌道上からのレーダーや赤外線を使った観測ですから、実際に金星の地表まで到達して温度の測定に成功した国は、(私の調べた範囲では) 唯一ソビエトのみです。

金星がそれ程までに高温・高圧であるならば、CO2は液体と気体の特性を併せ持つ、『超臨界』状態にあると予想されます。『超臨界』二酸化炭素の色は無色透明で、徐々に温度を下げた『臨界点』近傍では、青色の光が拡散されて黄色~オレンジ色っぽく変化します。べネラ13号が撮影したとされるカラー写真(後に米科学者が再加工して画質を良くしたもの)に映し出される金星の黄色い大気は、二酸化炭素が『臨界点』近傍にあることを強く想像させるものです(二酸化炭素の『臨界点』は、温度 31.1℃・圧力 74気圧)。後から着色したようにも見えます。そもそも あれ程多くの太陽光が、金星の地表まで届くのでしょうか?

当時のソ連と言えば、秘密のベールに包まれた “悪の帝国”。現在の北朝鮮よりも情報が少なかった印象で、アメリカと軍拡競争を繰り広げた冷戦時代、ソ連の軍事パレードに登場した『全地球ミサイル(宇宙空間から全世界を射程圏内に収めることから命名)』は、力を誇示する為の  “張り子の虎” だったことが後に明らかになっています。では『べネラ計画』はどうだったのでしょう?データの捏造が全く無かったとは思えません。数多くのフェイクニュースが世の中を飛び交う今、共産圏の “遺産” を疑うことなく受け入れて、地球温暖化の議論が行われているのが私には不思議でならないのです。

※誤字脱字を修正しました。

 

時代遅れですがなにか?⑧

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。皆さんはマンガの神様 手塚治虫の、『鳥人体系』という作品をご存知でしょうか?「生態系を支配する知的生命体には飛翔する能力が必須で、鳥類こそが地球の頂点に立たなければならない」と考える宇宙の指導者・有識者が集う『賢人会議』が、人類の支配する誤った進化の方向性を『グレート・リセット』する お話です。宇宙からの贈り物で知性を手に入れた鳥と、私たちホモ・サピエンスの立場は次第に入れ替わって行きますが、鳥人たちに待ち受けていた未来とは?

大空の世界以上に我々人類が良く分かっていないのが、前々回も お話した深海に広がる神秘の世界。大気圧の下では気体か固体(ドライアイス)の状態で存在する二酸化炭素も、5.2気圧(約0.5MPa)の圧力が加わると初めて液体の姿を現します。海の中では10m深くなる毎に圧力が約 1気圧上昇、水深10,000mならば水の重み1,000気圧に大気の重み 1気圧をプラスして、凡そ1,001気圧(約101.4MPa)の圧力が物質に加わります。水深2,000mを超えると水温も 2℃前後で安定しており、高圧・低温の深海は二酸化炭素が液化するにはピッタリの条件です。

実際に化学合成細菌の生息する深海の熱水噴出域の近くには、液体二酸化炭素の貯留層の存在が確認されていて、私の理解が間違っていたら御免なさいですが、水深720mちょっとを超える海底なら、水温が30℃程度有っても二酸化炭素は気化しない計算です。ところが噴出孔から湧き出す熱水により、周囲の水温は60~464 ℃に達します。仮に31.1℃を超えるとブクブクブクと…

「ええじゃないか、ええじゃないか、ええじゃないか 、ええじゃないか!」栄一がパリに滞在していた1867年(慶応 3年)、15代将軍徳川慶喜が朝廷に政権を返上するに至り、人々は半ばヤケクソに そう連呼しながら街中を狂喜乱舞したそうです。風車を作れば風が止むのが気候変動。更には海底に眠る大量の温室効果ガスが、今や遅しとその瞬間を待ち侘びているとなると、二次元の世界を生きる人類に為す術なし。最早 踊り狂うしかありません(苦笑)。

【関連記事】↓

社長、五輪に思いを馳せる⑧ https://www.sgk-p.co.jp/blog/3806/

 

時代遅れですがなにか?⑦

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。北欧の某有名ブランドがリリースしたレポートによると、同社EVの製造過程(原材料の生産・精製、リチウムイオンバッテリー、車両の組み立て)でのCO2排出量は、同社製同等クラスのガソリン車の約 1.7倍。これは新車購入時に5万km走行済みのガソリン車が納入されるようなもので、日本人の平均的な使い方(年間走行距離 6,017km : ソニー損害保険㈱ 2020年10月調べ)なら 8.3年を要する二酸化炭素の量を、製造段階でまとめて排出してしまう計算になります。1.5℃を超えるか超えないか短期決戦の求められる中、8.3年分の前倒しが環境にどんな悪影響を及ぼすかも、私たちは充分 考慮に入れておく必要がありそうです。なお、詳細な数値データの表記がない部分は、レポートの棒グラフの長さを物差しで測定して計算に使用させて頂きました。

「改革を前に進めたい、結果を早く残したい。」若者たちの そんな気持ちは理解します。 埼玉出身で日本を代表する経済人『渋沢栄一』も、若かりし日は功を成し名を遂げるのを急ぐ余り『尊王攘夷運動』に参加。ひょんな切っ掛けから一橋家に出仕することとなり、慶喜が将軍職に就くと今度は幕臣として、『パリ万国博覧会』に参列する弟 昭武の お供を命ぜられるという、正に波乱万丈の半生を送ったそうです。ここで埼玉県民を代表して告白します。『渋沢翁』は郷土の誇る唯一の偉人でありますが、私も含め殆どの埼玉県民が大河ドラマや関連番組を見るまでは、彼の文明開化以降の経済人としての足跡以外、全く何も知らなかったと思います。大変 失礼を致しました(苦笑)。

一方で、埼玉県は未だに総理大臣を一人も輩出していません。優れた政治的リーダーを生む土壌ではないのでしょうか?野党共闘が世間一般で広く受け入れられなかったのは、私が「環境活動家とは行動を共にできない」と感じるのと同じだと思いますよ。『論語と算盤』と『マルクス主義』は別物なんです。

 

時代遅れですがなにか?⑥

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。太陽光の恩恵を受けられない深海の奥底には無数の『熱水噴出孔』が存在し、熱水に含まれる化学物質をエネルギー源とする化学合成細菌と、その細菌から食料を得る深海生物の独特の生態系が広がっています。化学合成細菌は海底に沈む鯨の死骸に含まれる脂質等からもエネルギーを合成、周囲に深海生物のコロニーを形成していて、こちらは『鯨骨生物群集』と呼ばれています。鯨の亡き骸は時折り日本の浜辺にも打ち上げられますが、腐敗が進むと体内にメタンガスを蓄積、膨張して最期には爆発しますので気を付けましょう。今日は鯨のお話。

江戸時代も末期になるとオランダ以外からも、多くの異国船が日本に押し寄せるようになりました。1853年 黒船来航の目的の一つは、極東に捕鯨船の補給基地を確保することだったとされています。当時 鯨油は照明用の燃料や機械用の潤滑油として重用され、大西洋の鯨を捕り尽くしたアメリカが新たな資源を求め、遥か西太平洋の果てまで進出して来たという訳です。1854年には日米和親条約、1858年には日米修好通商条約を締結し、力技で開国を押し切ったアメリカですが、その後の幕末動乱期はイギリス・フランスに主役を譲り存在感を失います。1861年に国内で『南北戦争』が勃発し、極東戦略どころでは なくなってしまったからです。

乱獲の限りを尽くしたアメリカも1940年になると一転、資源管理を理由に捕鯨を中止します。1948年にIWC(国際捕鯨委員会)を設立すると、1986年に商業捕鯨は実質的に禁止され、6000年の歴史ある捕鯨国として “科学的な” 調査捕鯨を継続した日本は、2019年のIWC脱退まで環境活動家の格好のターゲットにされました。捕鯨を巡る “環境原理主義者” との経験は、化石燃料の活用を訴えて見事に『化石賞』を連続受賞した、今日の私たちが置かれた状況と重なります。東南アジア各国の電源構成は80%が化石燃料由来。CO2の回収・貯蔵・再利用や水素・アンモニアを混焼する技術を高めるなど、火力発電のゼロエミッション化を目指し、日本は日本らしく国際貢献を続けて行けば良いのです。

 

時代遅れですがなにか?⑤

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。小笠原の海底火山から噴出した大量の軽石が遠く離れた沖縄に漂着、漁業や観光産業に被害が出ています。海流に運ばれた軽石は11月末には関東沿岸にも到達する見込みで、ただでさえ物流の滞りがちな中、私たちの生活にどんな影響が出てくるか心配です。今日は火山のお話。

富士山が最後に噴火したのが 1707年(宝永噴火)。浅間山が大噴火したのは、天候不順で凶作だった1782年の翌年の天明 2年のことです。浅間山噴火の際 発生した火砕流で、嬬恋などの近隣村落は壊滅。関東一円に降り積もった火山灰で田畑は荒廃し、流れ出た土砂により下流域では水害が発生。米不足を巡って江戸や大坂の街で打ちこわしが起こるなど食糧危機は 7年に及び、90万人が餓死したとも言われる近世日本最悪の大飢饉に発展しました。

火山が噴き出すのは軽石や火山灰だけではありません。約 2億100万年前には超大陸『パンゲア』の分裂により火山活動が活発化、この時 大量に放出されたのは火山性二酸化炭素です。大気中のCO2濃度は 2倍に上昇し、気温の上昇や海水の酸性化など地球環境は激変、海生種と陸生種の約76%が死滅してしまいました。そんな過酷な環境に最も適応したのが初期型の恐竜たちで、国連総会議場に登場したヴェロキラプトル殿は、何が自分たちの ご先祖さまの大繁栄を もたらしたのか、ご存じなかった様子(国連はCOP26を前に、人類に警告を発する恐竜の動画をTwitterに投稿)。

『WMO温室効果ガス年報 (抜粋)』によれば、CO2などの温室効果ガスの濃度が2020年に過去最高を更新。コロナ危機による経済活動の停滞にも拘わらず、大気中の温室効果ガスの増加幅に目立った減少はなく、その原因は『吸収源の大きな自然変動』であると、何ともまぁ お粗末な説明でお茶を濁す始末です。どうやら、人類とは別に発生源が存在する(例えば、海の奥底から人知れず噴き出している)可能性については、議論してはならないルールになっているようですね(苦笑)。

※誤りを修正しました。 【誤】 国連総会 →【正】 国連総会議場

※表現を一部変更しました。

【関連記事】↓

社長、水素で走る⑧ https://www.sgk-p.co.jp/blog/1554/

しばらくコロナとどう生きる④ https://www.sgk-p.co.jp/blog/7098/

 

時代遅れですがなにか?④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。電力不足に苦しんでいるのは中国だけではないようで、ドイツやフランスなどの欧州諸国でも深刻化。急激な脱石炭による天然ガス不足・価格高騰が原因で、日本でも今冬の計画停電が噂されるなど、私たちにとっても他人事で済む話でなくなって来ました。

「人間の活動が温暖化に影響していることは疑いない」として、では自然界の中だけで考えた時、CO2の排出量と吸収量のバランスが取れているかどうか、今以って誰も知りません。また『産業革命の+1.5℃以内』という世界の努力目標も、それを超えたら破局的な気象変動を引き起こす、例えば「南極の氷が全て融解し海面が40〜70m上昇する」というような、”分水嶺” となる数字では有りません。にも拘らず、インターネットの世界では “魔女狩り” のような言論統制が始まり、環境活動に理解あり実際に行動を起こしている中小企業経営者(=私)でも、激しく反発するような急進的な手法でサプライチェーンを寸断。その影響は一般生活者の台所事情を直撃し、場合によっては生命の危険にまで晒され兼ねない現状を見ていると、世界で強硬に温暖化対策を主導するリーダーたちは、”カルト” か何かに冒されているのではないか?としか、私には思えないんですよねぇ(苦笑)。

江戸時代の所謂『鎖国』は、大権現さま以来の祖法であると考えられていましたが、家康が実際に目指していたのは全方位外交だったそうです。国を開いて西欧諸国の進んだ技術を積極的に取り入れる。ところがキリスト教の布教を足掛かりに、日本侵略を画策していたスペイン・ポルトガルの企てが発覚。安全保障上のリスクを排除して、ビジネスパートナーとして新たに手を組んだのが、布教活動には興味のない新興勢力のオランダだったという訳です。

エネルギー不足による危機的状況が進む中、岸田総理はG20欠席とのこと。付き合う仲間は慎重に選んだほうが良いです。歴史は語る。

 

時代遅れですがなにか?③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。太陽の活動が低下すると地球に降り注ぐ宇宙線が増加、大気中の塵が電気を帯びて雨雲が形成され易くなると言われ、その仮説を『スベンスマルク効果』と言います。江戸時代にはマウンダー極小期(1645~1715年)とダルトン極小期(1790年~1830年)の二回、太陽活動の低下(黒点の減少)が観測されていて、全般的に気温は低く降雨量が多かったとされています。当時の日々の天候記録は各藩の私文書・公文書に残されていて、大雨の頻度の高かった時期と江戸三大飢饉(『享保の飢饉』『天明の飢饉』『天保の飢饉』)が発生した時期は、ピタリと一致しているようです。

プラスの電気を帯びた物とマイナスの電気を帯びた物には、引き合う力が働きます。コロナ禍の昨今は この力を利用して、ウイルスを捉える帯電フィルター付きのマスクや、飛沫で浮遊するウイルスを回収する装置等が開発されています。新型コロナウイルス自身も電気の力を巧みに利用しています。通常は引っ込んでいるスパイク蛋白質の結合部分が、ヒト細胞の受容体に くっつく際に “ぴょこん” と飛び出す仕組みは、プラスとプラス或いは、マイナスとマイナスに帯電した物には反発する力が働く原理の応用です。そこに新型コロナウイルス独特のアミノ酸配列が一役買っているらしいのですが、その造りが余りにも巧妙過ぎて、ウイルスが自然界由来の物でないと騒がれる一因となっています。

さて、現在の太陽の状況はどうかと言うと、2019年12月から新たな活動期に入ったと考えられています。ところが、情報通信研究機構の運営する『宇宙天気予報センター』によれば、太陽の黒点の数は 2021年9月9日(木) 久々に100個の大台を回復した後に再び減少、2021年10月17日(日)には 1個も観測されない状況となりました。大気中の帯電粒子の量にも影響を与え得る太陽の活動と、電気的特性を利用して感染拡大する新型コロナウイルス、両者の間に何らかの相関関係が成り立ったとしても、私は ちょっとも驚きません。

※一部の表現を改めました。

 

時代遅れですがなにか?②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。with コロナの時代に『雑巾掛け』から始めるのは、決して悪いことではありません。社長室に来客が有った後には私も必ず、テーブル・ソファー・ドアノブをアルコールで消毒、仕上げに『雑巾掛け』を励行しております。私が神経質だからという訳でなくて単純に、次にいらっしゃる お客様に万が一の事があっては困るから、それだけです。この『雑巾掛け』も一年以上続けているので、私自身はもう慣れちゃいましたよ(笑)。

さて、豊臣政権と共に弱肉強食の乱世は終わり、『天下普請』と『参覲交代』という “富の再分配” 政策がスタートします。『天下普請』は江戸の都市開発を始めとする大型インフラ整備事業。徳川の命により諸大名の負担で実施され、多くの人夫や職人の懐が潤ったことは容易に想像できます。その大名たちが江戸と自分の領地を1年おきに行き来する『参覲交代』は、全国に道路網の整備を促進し、街道沿いに在る宿場町の経済発展に大いに貢献しました。

そんな徳川の政権運営に綻びを生じさせたのが、前回 触れた異常気象や天変地異。冷害・水害に火山噴火も重なって度々 飢饉が発生、人々の生活を苦しめました。江戸の街でも現在の 2倍近い降水量が有ったそうで、江戸~平成に行われた治水事業については、以前 ご紹介した記事がありますので、そちらを読んで頂けると嬉しいです。

最後に『朝日新聞DIGITAL』の記事から、ノーベル物理学賞の真鍋淑郎さんのお言葉を、引用させて頂きます。「(治水などで)気候変動に適応することと、(温室効果ガス排出を抑えて)気候変動を小さくすること。その二つのバランスをどうとるかが大事な問題だと思う。いろんな選択があるんですよね。国全体として何をするか、気候学者だけじゃなくエネルギー、水の問題をやっている人の意見を総合して、国の行動を決めると。それを考えるべきではないですかね 。」と、ご自身の業績である数理モデルが独り歩きして、社会が分断されるのを非常に心配していらっしゃる ご様子。COP26 各国の代表の皆さんにも、IPCCの報告書を鵜呑みにせず、先駆者の金言に耳を傾けてもらいたいものです。

【関連記事】↓

社長、荒川を語る①~④ https://www.sgk-p.co.jp/blog/date/2019/07/

社長、with コロナを生きる④ https://www.sgk-p.co.jp/blog/5204/

 

時代遅れですがなにか?①

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。令和版『関ヶ原の合戦』は、跡取りの秀頼と秀次がタッグを組んで、そこに石田三成も加勢するという異例の展開。兄貴分 秀次公のSNSを活用した “発信力” は、米国を真っ二つに分断したトランプ氏並みの破壊力。ただ、傍で見ていると痛快でも、一緒に働いていると息苦しくなる人って身近にも居ますよね、コミュニケーションが一方通行と言うか。そんな “受信力” 不足が祟ったか、西軍からの寝返りが出るなど力及ばず、家康の軍門に下ることとなりました。「選挙は終わりノーサイド、全員野球で一丸」とのことなので、豊臣家お取り潰しには至らず済んだようです。

秀頼君は まだお若いので、もっともっと勉強が必要です。組織内の個人的な恨み辛みに突き動かされる最近の言動は、見聞きするに堪えず全くセクシーでは有りません。一部分だけを切り取って “既得権益” とか “時代遅れ” とか簡単に片づけますが、そのピラミッドの底辺には私たちの生活が有る訳で、北欧の少女や福島の漁業関係者の皆さんの気持ちに寄り添った時と同じように、小さな工場で働く人間の言い分にも耳を傾けてもらいたいと思います。今後必ず起きるであろう『大坂の陣』で、酷い目に合わない為にもね(笑)。

弊社では太陽光パネルを増設予定。CO2排出量削減に向けて、自分たちで出来ることは粛々と進めさせて頂きますが、 やはり製造業に携わる身として、石炭・石油火力発電に替わる安定したベース電源は、国策として確保してもらわなければ困ります。なお、最新の研究により徳川の治世は日本の歴史上、最も気温が低く最も雨の多い時代だったことが分かっています。家康公の解決すべき課題は多そうです。歴史は語る。

 

東京オリ・パラ終わる④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。「ウイルスは増殖の際のコピーミスにより変異を起こし、そのエラーが積み重なると最終的には自壊する。」このような現象を『エラーカタストロフの限界』と言うそうです。人流抑制が功を奏したのか、ワクチン接種の効果が現れ始めたのか、それともウイルスが勝手に自滅したのか?理由は何であれ、日本に於けるデルタ株の流行は収束に向かっているように見えます。

さて、豊臣秀吉が晩年 築いた『京都新城』の石垣の一部が、2020年5月に京都御所の南東で発見されたそうです。織田信長に取り立てられ足軽から天下人にまで上り詰めた秀吉、その人物像は気配りの出来る明るいキャラクターとして描かれることが多いですが、ポルトガル宣教師ルイス・フロイスによれば、「彼は本心を明かさず、偽ることが巧みで、悪知恵に長け、人を欺くことに長じているのを自慢としていた」そうで、『本能寺の変』の黒幕は秀吉ではないかという説もあるくらいです。

百姓の息子だったが故に、武家の棟梁である『征夷大将軍』を名乗ることを許されなかったとも言われる秀吉は、『関白』『太閤』として朝廷の権威を利用します。勿論、信長の『天下布武(=近年は室町幕府の再興と解釈されることが多い)』のような確固たる国家観はなく、”猿” とも “禿げ鼠” とも称された容姿も手伝ってか、天下統一を成し遂げた後も秀吉は、人気取り政策を実施したかと思えば冷酷に邪魔者を抹殺するなど、策略を廻らすことに終始したようです。

晩年 秀頼が誕生して以降、その迷走ぶりに拍車が掛かります。可愛い世継ぎの為に諸大名を動員して、『聚楽第』跡地に建築を始めたのが『京都新城』。3ヶ月後には突然作業を中止し、築城場所を禁裏(御所)の隣りに変更。ところが完成しても『京都新城』に秀頼が住むことはなく、秀吉の遺言に従って大坂城へ入ってしまいます。『京都新城』の守りが薄かったのが理由です。養子として既に豊臣の家督を継いでいた甥の秀次は どうなったかと言うと、秀吉から濡れ衣を着せられ出家のうえ蟄居、本人が切腹の後 三条河原で晒し首となっただけでなく、39名の妻子も全員斬首されています。

もっとも戦国の有力武将からすれば、秀吉は所詮 ぽっと出の “異分子”。『太閤検地』や『刀狩り』等、難題さえクリアしてくれれば御用済みです。生き残りを賭けて最期まで藻掻いたものの次世代にバトンを繋ぐ豊臣の夢は叶ず、260年の徳川本格政権がスタートするのでありました。歴史は語る。