社長ブログ

東京オリ・パラ終わる④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。「ウイルスは増殖の際のコピーミスにより変異を起こし、そのエラーが積み重なると最終的には自壊する。」このような現象を『エラーカタストロフの限界』と言うそうです。人流抑制が功を奏したのか、ワクチン接種の効果が現れ始めたのか、それともウイルスが勝手に自滅したのか?理由は何であれ、日本に於けるデルタ株の流行は収束に向かっているように見えます。

さて、豊臣秀吉が晩年 築いた『京都新城』の石垣の一部が、2020年5月に京都御所の南東で発見されたそうです。織田信長に取り立てられ足軽から天下人にまで上り詰めた秀吉、その人物像は気配りの出来る明るいキャラクターとして描かれることが多いですが、ポルトガル宣教師ルイス・フロイスによれば、「彼は本心を明かさず、偽ることが巧みで、悪知恵に長け、人を欺くことに長じているのを自慢としていた」そうで、『本能寺の変』の黒幕は秀吉ではないかという説もあるくらいです。

百姓の息子だったが故に、武家の棟梁である『征夷大将軍』を名乗ることを許されなかったとも言われる秀吉は、『関白』『太閤』として朝廷の権威を利用します。勿論、信長の『天下布武(=近年は室町幕府の再興と解釈されることが多い)』のような確固たる国家観はなく、”猿” とも “禿げ鼠” とも称された容姿も手伝ってか、天下統一を成し遂げた後も秀吉は、人気取り政策を実施したかと思えば冷酷に邪魔者を抹殺するなど、策略を廻らすことに終始したようです。

晩年 秀頼が誕生して以降、その迷走ぶりに拍車が掛かります。可愛い世継ぎの為に諸大名を動員して、『聚楽第』跡地に建築を始めたのが『京都新城』。3ヶ月後には突然作業を中止し、築城場所を禁裏(御所)の隣りに変更。ところが完成しても『京都新城』に秀頼が住むことはなく、秀吉の遺言に従って大坂城へ入ってしまいます。『京都新城』の守りが薄かったのが理由です。養子として既に豊臣の家督を継いでいた甥の秀次は どうなったかと言うと、秀吉から濡れ衣を着せられ出家のうえ蟄居、本人が切腹の後 三条河原で晒し首となっただけでなく、39名の妻子も全員斬首されています。

もっとも戦国の有力武将からすれば、秀吉は所詮 ぽっと出の “異分子”。『太閤検地』や『刀狩り』等、難題さえクリアしてくれれば御用済みです。生き残りを賭けて最期まで藻掻いたものの次世代にバトンを繋ぐ豊臣の夢は叶ず、260年の徳川本格政権がスタートするのでありました。歴史は語る。

 

東京オリ・パラ終わる③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。8月2日(月)に埼玉県も緊急事態措置区域に追加され、また始めから やり直しになると感じたのは、体力づくりのために続けている水泳です。所謂 “第三波” に襲われた年末年始、埼玉県に宣言は発出されなかったにも拘わらず、私が普段通っている公共プールが突然の休館。探せば泳ぐ環境を見つけることも出来たかも知れませんが、密な状態でマスクを外すことに抵抗を感じていた私は、そのプールが再開されるまでの凡そ 3ヶ月間、水泳以外の別の方法を試してることになりました。

私の自宅から数キロの範囲にはウォーキングに持って来いの公園が幾つか在って、公園の豊かな自然(人の手が入った人工的な緑ですが)と新鮮な空気を満喫しながら歩くのも、心と体の健康を維持するための習慣としては悪くは有りませんでした。しかし、いざプールに戻ってみると息が上がるし足はつる、鈍った体は思った通りには動いてくれません。4月の800mから 5月に1200m、6月は1600mと徐々に距離を伸ばし、 7月にようやく目標の2000mに到達した矢先の緊急事態宣言の拡大です。コロナには勝てませんから臨時休館は止むを得ないとして、また長期で閉められたら敵いません。

デルタ株の蔓延する中 幸い今回は施設が閉鎖されることは無く、本当の目的は経費削減なのではないかと思われる(?) 1時間の短縮営業。何はともあれ開けて貰えるだけでも有り難い話で、現在は You Tubeで得た情報を元に、”どんぶらこ” バタフライに改良を加えているころです。

一般人の体調管理でも こんなに苦労しているのに、オリ・パラに出場した選手の皆さんが試合に向けてコンディションを維持、更にパフォーマンスを向上させるのは、さぞかし大変だったことでしょうね。感動を有難う!

【関連記事】↓

社長、プールで泳ぐ①~④ https://www.sgk-p.co.jp/blog/date/2019/08/

社長、プールで泳ぐ⑤~⑧ https://www.sgk-p.co.jp/blog/date/2019/09/

社長、コロナ騒動を振り返る③ https://www.sgk-p.co.jp/blog/3986/

 

東京オリ・パラ終わる②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。当初の報道では磁石に反応するから金属の可能性が高いとされた異物混入問題、正体はステンレスとの結論に落ち着きました。薬品・食品の生産ラインに使われるとしたら、SUS316辺りだと思うんですが、これ磁石には くっつかない筈なんですよねぇ…急増するワクチン需要を満たす為に急拵えで増設されたであろう生産ライン、基準に適合しない材料が使われているのを隠しているなんて無いことを お祈りします。

さて、東京オリ・パラ最終日の9月5日(日)、私は二回目の接種を受けて参りました。

【接種当日】4:39PMに経過観察を終了。帰りの電車の中で左肩の接種部には既に、日焼け後のような肌のツッパリ感は有ったものの、家に戻っても腕は頭の上に真っ直ぐ伸ばせる状態で痛みは一回目ほど酷くはなく、その晩は念の為に鎮痛剤(解熱効果有)を服用してから床に就きました。

【接種から1日目】普段通り5:00AMに起床して、二度目の鎮痛剤摂取。お陰様で倦怠感があるとは言え計測すると発熱はなく、このまま丸一日ボンヤリ過ごせば翌日には会社に行けると思いましたが、少し考えが甘かったようです。夕刻の三度目の服薬にも拘わらず、深夜に激しい寒気に襲われるとガタガタと震えが止まりません。夏用のタオルケット一枚では事足らず、長袖のパジャマを重ね着した上に布団をもう一枚羽織って、ようやく眠りに就くことが出来たくらいです。

【接種から2日目】”発熱なき悪寒” という生まれて初めての経験をして、結局、8:00AM近くまでベッドに潜り込んでいました。 その間に大量の汗を掻き、気分は随分良くなりましたね。熱もないので その日は一日薬を飲まず、予定していた 2日間の休養を終えました。

【接種から3日目】仕事を終えて無事 帰宅。入浴後に鏡を覗くと、接種部から少し外れた二の腕に、例の “モデルナ・アーム” が出現しました。

と言う訳で、これからモデルナを打つ予定の皆さんには、接種後2日間はゆっくり休めるよう計画を立てることを、強くお薦め致します。左腕の赤味は今も引かず痒みを伴いますが、それは我慢の範囲です(笑)。

 

東京オリ・パラ終わる①

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。イソップ童話の『アリとキリギリス』が示すように、国の危機対応は余裕のある時に計画しておくべきでした。結果として我慢の時期に出口戦略を議論する ゆとりは無く、日本経済はいつも出遅れます。カジノを誘致するくらいなら、江戸城天守閣を再建してもらった方が私個人の好みに合いますが それは脇に置いておいて、今こそ国の次期リーダー候補には、ポストコロナの明るいビジョンを示して欲しいところです。

希望者の接種が一巡しない現段階に於いては論外として、コロナ禍で最もダメージの大きい飲食・観光・エンタメ業界にとって、ワクチンパスポートの国内導入は悲願でしょう。諸事情により接種できない方に不公平にならないような制度設計が必要で、例えば『集団免疫』のような科学的コンセプトを取り入れて、定員の70%を接種者に残りの30%を未接種者に割り当てる(デルタ株の出現で 8: 2くらいが適正かも知れませんが)というのは どうでしょう?未接種者の方にTDRのファストパス的な順番待ち(入場制限)が生じるのは仕方ないとして(その間に抗原検査を受けて貰っても良い)、仮に世間の接種率が 50~60%に止まったならば、レストランや旅先・コンサートホールの内側の方が、日常生活より安全な空間を提供できるという計算になります。

「カーボンニュートラルこそバラ色の将来」との主張であるならば、その貫徹を政治公約として掲げるのも良いと思います。但し、20%の消費増税に相当する『炭素税』が必要だとか、電気代は現在の 2倍程度まで膨らむだろうとか、国民負担がどれくらいになるのかも、しっかりと提示して頂かないと困ります。また、「コロナが収束しても、弱者切り捨ての方針は変わらない」というならば、それはそれでも構いません。雇用の70%を生み出す中小企業を、敵に回す覚悟を決めてもらえば良いだけの話です。

片翼を失っても飛び立つ勇気は頂きましたが、コロナ禍に傷ついた もう一枚の翼まで捥ぎ取るような やり方では、私たちも黙って受け入れる訳には行きません。

 

東京オリ・パラ始まる⑧

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。1000年に一度とも言われる大雨災害に見舞われた中国でも、デルタ株による感染再拡大の懸念が高まっているそうです。中国では伝統的に、人徳を失った為政者には『天命』による災禍が下り、力によって追放されるのは当然と考えます。現代日本を生きる我々からすると、”民意” と “天災” の因果関係が逆のようにも感じられますが、このような考え方を『易姓革命』論と言います。

さて、インドに始まった そのデルタ株、南~東南アジアを あっと言う間に飲み込んで、5月中旬には感染対策の優等生 台湾にも伝播。日本人の約60%が持つHLA-A24のもたらす細胞性免疫を掻い潜るとの報告も有り、デルタ株が日本で蔓延するのは時間の問題と考えた私は、6月28日(月)に市役所のホームページで、大規模会場用の接種券を手配しました。遅れがちな自治体のワクチン接種の順番待ちをするのではなく、自ら行動を起こすべきとの結論に至ったという訳ですね。

とは言え、30分以上予約サイトに張り付いて実際にワクチンを確保できたのは、3度目の挑戦となった 8月2日(月)。その頃 既に東京では連日4,000名を超える陽性確認を記録して、だったらリスクを冒して わざわざ大手町のワクチン会場に行くよりも、何とか第5波を やり過ごしながら、改めて地元で予約を取り直した方が無難かも知れないとの思いも過りましたが、それでも結局 私に打ちに行くと決めさせたのは、科学技術に対する私の強い知的好奇心だったんだと思います。「発熱等の副反応は強く出るものの、デルタ株に対する発症予防効果・重症化予防効果そして感染予防効果に於いても、どうやらモデルナ製ワクチンがファイザー製を上回るらしい。だったらモデルナを試してみたい」と。

当初はワクチン懐疑派だった私も、この1年半で多くを学びました。緊急事態宣言の対象地域拡大が検討される中、パラリンピックが始まります。

 

東京オリ・パラ始まる⑦

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。閉会式の行われた8月8日(日)、大手町の大規模接種センターに行って参りました。上野東京ラインに乗って電車で 1本、東京駅からは無料の送迎バスが便利です。愛知県豊田市や福岡県宗像市の接種会場では、『トヨタ生産方式』を取り入れて『ムリ・ムダ・ムラ』を徹底排除しているとの評判で、東京の大規模会場はどうなのか、製造業に身を置く私としては興味津々でした。結論から申し上げると、動線がしっかりと整理されていて、素晴らしいオペレーションだったと思います。

入場してすぐに予診票未記入の人が別口に弾かれた後(記入後に合流)、手渡されたファイルの色別に暫くは数名単位のグループ行動。途中 何ヶ所か人数分の椅子が配置されていましたが、私達のグループは殆ど着座する間もなく、スムーズに接種会場行きのエレベーターに到着しました。15階建ての合同庁舎の構造上、恐らく このエレベーターが『ボトルネック工程』なのでしょう、密室での感染予防の為 “壁に向かって” 立って乗れるMAXの人数が、グループの構成ロットであることが分かりました。

エレベーターを降りると その後は案内係の指示の下、一人一人が問診・接種・次回の予約の順番で、空いているブースへと誘導されます。タクトタイムが約40秒と言われるワクチン接種、こちらも上手く同期が取れている所為か 流れが滞留することは無く、 ブースの前に並べられた椅子でも待たされることは有りません。次回の接種日程を打ち合わせしている間にも時計が進んで、経過観察の所要時間15分間のうち、実際に待機させられたのは 6分程度のことでした。バックヤードの様子(物・情報の流れ)を、覗くことが出来ないのは仕方がありません。

予想より早く打ち終わったので、帰りは東京駅まで歩きました。令和になってから碌なことが有りません。昔ならば『改元』でリセットするところでしょうが、今は法的に難しいので一層のこと、京都に『遷都』でもしてみてはどうかと思います。首都機能まるごと移転となると大変なので、飽くまでも天皇御一家の一時的なお引越し。その間に皇居内に天守閣の再建でもすれば、ポスト・コロナに於ける東京観光の目玉になること間違いなしです。

※誤りを修正しました。【誤】東京上野ライン →【正】上野東京ライン

 

東京オリ・パラ始まる⑥

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。オリンピックの陰に隠れてしまいましたが、『北海道・北東北の縄文遺跡群』が世界遺産に登録されました。今よりも温暖な気候と豊かな海の幸・山の幸に恵まれて、世界の四大文明に先んじて大規模集落での定住生活を始めたとも言われる縄文の人々。以前は弥生時代に半島から伝わったとされた稲作も、岡山や熊本の遺跡から縄文前~中期には始まっていた可能性を示す痕跡が見つかって、日本人と お米の結びつきには非常に長い歴史が有ることが分かります。

水田は日本の原風景。稲藁・籾殻・米糠と、古来 日本人は米の栽培から得られる実りを、余さず活用してきました。稲藁は肥料や飼料、茅葺屋根の下地材、草鞋や蓑等の衣料品、或いはお正月の飾り付け等、様々な用途に使われて来ましたし、籾殻も畑に撒いて保温対策、土に混ぜ込んで土壌改良にも使われています。米の糠を使って漬け物を作るようになったのは、江戸時代初期と比較的 最近の事。糠漬けは日本固有の発酵食品で、植物性の乳酸菌には腸内フローラを整える強い効果が有ります。そう言えば、発酵食品の代表格の納豆も、稲藁が無ければ作れませんね。山梨の遺跡からは、縄文人が大豆を食べていた可能性を示す土器も見つかっています。

さて、今や放射性廃棄物並みの “厄介者” として扱われるようになった二酸化炭素、そんな究極の産業廃棄物を有用な『連産品』に、しかも過剰なエネルギーを費やさずに生まれ変わらせる方法(常圧のCO2からプラスチックの一種の原材料を合成)を大発見しちゃったのが、日本の製鉄大手率いる産学共同研究グループ。”圧” を加えないと駄目な、何処ぞやの大臣とは訳が違います(笑)。金メダルです!!稲藁に籾殻、米糠をも捨てず そこから健康食品を作り出す精神は、今も我々の中に生き続けているのです。

※誤字・脱字を修正しました。

 

東京オリ・パラ始まる⑤

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。「協力しない業者との取引停止や、金融機関からの “働きかけ”」という権力の横暴は、酒の提供に限った話ではありません。欧州委員会は2035年以降の、エンジン搭載車販売の実質禁止を発表。脱炭素のルールに逆らえば、仕事を失うだけでなく投資家からも そっぽを向かれるという、強権支配の時代に世界は突入しています。主に加熱・冷却に使用される弊社製品のお客さまの多くが、CO2の大口排出事業者。カーボンニュートラルは私たちにとっても決して他人事ではありません。そんな中 2030年の二酸化炭素46%削減実現に向け、資源エネルギー庁が『エネルギー基本計画(素案)』を公表しているので、私なりの注目ポイントに触れておきたいと思います。

先ず暫定値と前置きしながらも、省エネを徹底してエネルギーの総需要を2013年度比で23%削減。産業部門で使うエネルギーに関しては、電力比率を25%から30%に引き上げ熱・燃料等は75%から70%に下げることで、産業部門由来のCO2排出量を2013年度の4.63億トンから、2030年度には2.9億トンに減らすとしています。2050年カーボンニュートラル実現に向けた課題としては、モノづくりに於いて電気では置き換えられない技術(高温の熱需要等)が有ることを認識、製造プロセスの大規模転換、大型水素ボイラーの技術開発などの必要性を訴えています。

産業部門のみならず全ての部門で、省エネを進めていくのは大いに結構。その上で、熱・燃料等が産業部門のエネルギー需要に占める割合は若干下がるものの、2030年の段階では2013年度比 93.3%が維持される計算ですから、取り敢えずの “飯の種” を心配することなく、2050年のカーボンニュートラルに向けた次世代技術の開発に注力するチャンスが与えられたと、割り切った方が よっぽど前向きかも知れません。

『エネルギー基本計画(素案)』の大きな問題は、国民のコスト負担が どれ位になるか言及がない点。「更に50%の高みを目指して挑戦を続ける~」は、東京オリンピックでの選手の活躍を見越した選挙対策っぽくて “あざとい” 表現ですね(苦笑)。石油・天然ガスやメタンハイドレート等の国産資源の開発に取り組みながら、アジアの “現実的な” エネルギー転換に積極的に関与するとしたところは、脱化石燃料 一本槍の欧州勢とは一線を画す動きで、なかなか面白いと思います。 ゲームを有利に進めるのに、ルール作りから主導権を握らなければ駄目なのは、スポーツもエネルギー政策も同じです。

※一部の表現を改めました。

 

東京オリ・パラ始まる④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。選手の皆さんの活躍を観ていると、やはり私たちの気分も明るくなりますね。とは言え、新型コロナウイルスが消えて無くなってしまった訳ではありません。会社の操業が止まるようなことが起きてはいけませんので、今一度 気を引き締めて、社内の感染防止対策を徹底したいと思います。

さて、東洋経済オンライン『新型コロナウイルス国内感染の状況』によると、2020年4月3日(金)に『2.27』を記録して以降、日本で実行再生産数が 2を上回ったことが有りません。感染力が強いとされるアルファ株やデルタ株が感染の中心に置き換わって以降も その傾向は変わっておらず、ワクチンの行き渡った後に再び感染爆発を起こした英国とは対照的です(亡くなる方の人数は、英国でも低く抑えられています)。

呼吸器感染症の予防に効果が有るとされるIgA抗体について、最近 面白い研究成果が発表されていますので、ここで取り上げさせて頂きます。神奈川歯科大学の研究によれば、新型コロナ感染既往歴のない(勿論、ワクチンの接種も受けていない)被験者 46%の唾液から、新型コロナに対して交叉反応を示すIgA抗体が発見されたとのこと。所謂『ファクターX』ですね。残る54%の皆さんにも朗報。査読前の論文ですが、ファイザー製ワクチンの接種で59% モデルナ製で88%の人に、IgA抗体の産生が認められたとの報告も有ります。

IgA抗体は発酵食品や食物繊維を摂取すると、比較的 簡単に増やせるとのこと。マスク着用等の感染防止対策にプラスして、お腹の調子(腸内フローラ)を整え粘膜免疫のバリアを強化。更にオリンピックで “心の免疫力” も高めながら、この暑い夏を乗り切って行きたいと思います。

【関連記事】↓

ポストコロナをどう生きる⑤ https://www.sgk-p.co.jp/blog/6424/

 

東京オリ・パラ始まる③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。中学に上がって 2年弱の間、私は酷い偏頭痛に悩まされました。朝方チカチカと輝く光が視界に現れると、昼前には決まって片側の眼球奥に拍動性の激しい頭痛が始まります。強い吐き気を伴うのも特徴で、耐え切れずに嘔吐してしまうことも しばしば。1日中 保健室に籠っていることもありました。

インターネットの普及した今でこそ、あの前兆現象を『閃輝暗点(せんきあんてん)』と呼ぶことも、一度 収縮した脳内の血管が拡張する際に『三叉神経』を刺激して起こるとの説が有力であることも、そして意外と多くの人がこの病気に悩まされていることも知っていますが、当時そんな情報を手に入れる手段は有りませんでしたから、月に一回 偏頭痛を繰り返している自分は脳の何処かに異常が有って、まともな人生を送ることは出来ないのではないかと一人悩んだのを思い出します。

私の場合、中学3年生になる頃には すっかり発作は収まり、以降 偏頭痛とは無縁の人生を送っていますが、長年に渡って市販の鎮痛剤で散らすような対症療法をしていると、人によっては『脳過敏症候群』という後遺症を発症する場合もあるそうですから、充分に気を付けましょう。

さて、つい先日の話です。土曜日にプールで泳いだ翌日の朝、疲れていたのかスマホの画面が少し見えづらいなと思ったら、約40年振りに例のチカチカです。数時間後には眼球をアイスピックで突かれるような痛みに襲われると覚悟を決めたのですが、歳を取って血管が固くなった所為か、結局 最後まで “奴” が牙を剥くことは有りませんでした。頭痛にならず幸いだった筈なのですが、ちょっとガッカリ。”奴” との再会を楽しみにしている自分が居たのに気が付いて、これには流石の私も驚きましたね(苦笑)。若い頃の思い出って それが痛みを伴うモノでも懐かしく、そして輝いて見えるものなのかも知れません。