社長ブログ

しばらくコロナとどう生きる②

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。『~かも知れない』を繰り返して、恐怖心を煽るのが最近の常套手段。”科学” と称して 25%の可能性を4つ積み上げても、100%の真実に到ることはありません。25%×25%×25%×25%=0.39% が正解。「何故?何故?何故?」、製造業の世界では何故を5回繰り返せば、真実が見えて来ると考えます。玉石混淆の高度情報化社会、荒唐無稽な偽情報に惑わされないようにしたいものです。

さて、日米首脳会談では、水素の利用とカーボンリサイクルについても、意見が交わされるようですね。2020年米大統領選の勝敗を分けた一つが、接戦州ペンシルベニアでの勝利。全米有数の『シェールガス・オイル田』が広がるペンシルベニアで、支持者のシェール利権と『グリーンイノベーション』に折り合いを付けることは、”分断” に苦しむバイデン大統領にとって悲願でもあり、その “接着剤” と なり得るのが二酸化炭素の再資源化技術です。世界最大の産油国であるアメリカも水資源には乏しく、農業との水の争奪戦を避ける為には生産する水素の色は『グリーン』でなく『ブルー』が望ましいですし、燃料やプラスチック素材の原料として回収したCO2を再利用する過程で産業が生まれ雇用も創出される訳ですから、アメリカにとっては文句無しの戦略といったところでしょう。

4月12日(月)から高齢者向けワクチンの優先接種が始まります。初回分の受付が電話やネット行われ、あっという間に予約で一杯になったようですね。日本を含め陽性確認の少ないアジア諸国に於いて、ワクチンに更なる感染抑止効果を期待できるかどうか、個人的には少々疑問に感じる部分がない訳ではないですが、世界がポストコロナに動き始めている今、高齢者の皆さんの不安感を拭い去り日常を取り戻すことが出来るならば、それは日本の国益にとっても大きな一歩と言えるかも知れません。

 

しばらくコロナとどう生きる①

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。昨年の12月25日(金)から閉鎖されていた公共プールが営業再開、2ヶ月半に及ぶ自粛生活で衰えた体力を、少しずつでも取り戻そうと思います。私の泳ぐプールは違いますが、ごみ焼却場に併設される温水プールって多いですよね。廃プラごみ等の焼却熱を回収・再利用する この日本独特の『サーマルリサイクル』、 二酸化炭素を排出することから、最近は世間の風当たりが強くなって来ています。

CO2やウイルスのように、姿の見えない敵ほど恐ろしいものは有りません。『ナノプラスチック』も その候補の一つ。分解されることなく自然環境に放置されたプラスチックが、紫外線や海波の影響で細かくなった『マイクロプラスチック』、それが更にナノサイズまで微細化したものを『ナノプラスチック』と呼ぶようで、見えない微粒子は大気中をフワフワと浮遊します。所謂『環境ホルモン』、呼吸の際に取り込むと含まれる添加剤によっては、内分泌系への悪影響が心配されるという訳です。バイオプラの一つで、自然界に存在する微生物によって分解される『生分解性プラスチック』は、不法投棄等のプラスチックごみ から海洋生物を守るだけでなく、 懸念される『ナノプラスチック』の健康被害を減らす効果も期待できるかも知れませんね。

但し、地球温暖化対策となると話は別で、(水と二酸化炭素に)分解されないまま自然界に長く残存するプラスチックの方が、環境に優しいという計算になる訳ですから皮肉なものです。自然界で一度 拡散したCO2を回収するのは困難。二酸化炭素の再資源化を前提に考えるならば、耐久性の高いプラスチックを開発、長く使って使用後に回収、定められた人工的な設備で焼却処分するのが正解です。一人の消費者として、使い捨てスプーン・フォークの有料化は受け入れますが、海洋汚染にしても『ナノプラスチック』にしても、問題の本質は ごみを平気でポイ捨てする “倫理観の欠如” の方にあると感じていて、『ナノプラスチック』という見えない脅威から身を守る為、使い捨ての不織布マスク(プラスチック素材製です)を着用する未来など、私には最早ブラックジョークにしか思えません。

※一部、加筆修正しました。

 

ポストコロナをどう生きる⑫

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。室内に浮遊するウイルスを効率的に換気するには、換気扇はどの位の高さに設置すれば良いのでしょうか?塗装や洗浄工程で使用する有機溶剤の場合は、一般的に空気より重いですので局所排気装置は床面に近い所に設置します。その排気口は逆に屋根から1.5m以上の高さに設置、外部にいる人の健康に影響の出ないよう、大気中に拡散することを求められています。

地球温暖化の原因と考えられる二酸化炭素が、空気より重いにも関わらず地表近くに溜まらないのは、風や気流の影響を受けて拡散されるからです。日本に於いて大気中の二酸化炭素濃度を観測しているのは、 綾里(岩手県)、南鳥島(東京都)、与那国島(沖縄県)の3ヶ所で、大気試料の取込口は地上約20mの高さに在るそうです。鉛直分布も調べられていて、日本の都市上空では地表に近い方が、やはり濃度は少し高いみたいですね。

トリチウム水の物性を調べてみると、一般的な水(軽水 : H2O) の密度が 1.0 g/mL、融点 0℃、沸点 100℃であるのに対し、重水(D2Oの場合)の密度は 1.1 g/mL、融点が 4℃、沸点 101℃、トリチウム水(T2Oの場合)では密度が1.9 g/mL、融点が 9℃、沸点 104℃と、それぞれ異なることが分かりました。その比重から考えるに福島の処理水は、かき混ぜなければタンクの中では お行儀よく、軽水・重水・トリチウム水の順番で上から整列しているように思います。

ここに来て、ゴミ焼却場や火力発電所から排出される二酸化炭素の、再資源化技術に実用化の目途が立ったとのビッグニュース。”厄介者” として処分を検討するのは頭の痛いことですが、有益な “資源” として再利用する道が開かれたならば、更に良いアイディアが生まれて来るに間違いありません。なお、私は陰謀論には与しませんので、ウイルスの活用方法については触れません(苦笑)。

※一部、加筆修正しました。

 

ポストコロナをどう生きる⑪

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。「水兵リーベ僕の船~」周期表を調べても、『トリチウム』 という元素は見つかりません。『トリチウム』 は水素の放射性同位体。通常の水素の原子核が陽子1つで構成されているのに対し、『トリチウム』の原子核は陽子1つと中性子2つ、計3つの核子で構成されていて、『三重水素』とも呼ばれます。『トリチウム』も水素と同様、酸素と結合して水分子を形成。このような分子構造の水を、広義な意味での『重水』と言います。福島で問題になっているのは、この『重水(≧トリチウム水)』を含む大量の処理水の処分方法です。

海外の原発・再処理施設からも大量の『トリチウム』が海洋や大気に排出されているのは、皆さんご存知の通り。現在、環境に悪影響が有るとの “科学的エビデンス” が無いとは言え、地球温暖化を止める為なら放射性物質を幾らでも垂れ流して良い訳ではないでしょうから、二酸化炭素同様に国ごとの『トリチウム』排出枠を設けて、原発を持たない・持てない国々が、排出枠を売った資金で再生可能エネルギーを開発できるならば、それは素晴らしいことだと思います。

また、蛍光物質を発光させるβ線を放出する『トリチウム』は、一部の時計メーカーの文字盤にも採用されていて、通常の夜光塗料より約70倍明るく10年以上自ら発光し続けることから、太陽光素子と組み合わせて長寿命の電池として利用することも可能だそうです。処理しなければならないと考えるから頭が痛いのであって、有効活用しようと思えば、意外と良いアイディアが生まれて来るかも知れません。

 

ポストコロナをどう生きる⑩

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。姿の見えない敵ほど、恐ろしいものは有りません。2011年の原発事故後の放射能然り、今回の新型コロナウイルスも然りです。電子顕微鏡の発明される前の1918~1920年にスペイン風邪が流行した際は、患者から分離された関係のない細菌が病原体と考えられ、誤ったワクチンの開発競争が繰り広げられました。では本当に可視化できれば良いかと言うと そうでもなくて、『富岳』の飛沫シミュレーションでも分かる通り、恐怖の余り呼吸することすら躊躇う人々が続出してしまうかも知れません。地球温暖化の元凶と考えられる二酸化炭素も、私たちには見えませんから困ります。

さて、次世代エネルギーの有力候補として、再び注目を集め始めているのが『水素』です。『水素』は製造方法ごとに “色分け” されていて、化石燃料から作られるものを『ブルー水素』、水を電気分解して作るものを『グリーン水素』と呼びます。私の乗っている燃料電池車に充填してもらっている『水素』はというと、 恐らく化石燃料から製造されたものだと思いますが、肝心の二酸化炭素(水素製造過程で排出される)の回収技術が まだ確立されていない為、『グレー水素』という残念な名前が付けられています(苦笑)。一方、天然ガス(炭化水素)から『水素』を作る際に固体の炭素を生成し、二酸化炭素を排出しない画期的な技術の開発も進められていて、その技術で製造される『水素』は『ターコイズ水素』と命名されました。他にも、日本では受け入れられないと思いますが、原発由来の『ピンク水素』や『パープル水素』なんてのも有ります。勿論、どの『水素』も無色透明、私たちには見えません。

「1ヶ月後には必ず事態を改善させる」との言葉を信じて早や 2ヶ月。3月25日(木)からの聖火リレー再開を前に、2度目の緊急事態延長が決まりました。トーチの燃料に採用されたのも『水素』。それが何色なのかは知りませんが、仮に聖火が灯されたとしても、それが長いトンネルの出口 遥か手前であることは間違いなさそうです。

 

ポストコロナをどう生きる⑨

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。気象庁の発表によれば、2020年の年平均海面水温は、統計を開始した1891年以降で 3番目に高い値を記録。特に日本近海の表面温度は 1.14℃/100年の割合で上昇していて、巨大台風や集中豪雨などの原因と言われています。実はこの海水温の上昇は表層ほんの数十mの話であって、平均の深さが4,750mも有る海全体で見れば、深層に在る大部分の海水の温度は低く安定、海水をかき混ぜれば表面温度は一気に低下し、水の蒸発量も低く抑えることが可能だそうです。パリ協定が異常気象を止めるのが目的であるならば、二酸化炭素削減を声高に叫ぶだけでなく、”海水撹拌技術” の開発も進めてみては如何でしょうか?

さて、中国の雲南省のみならず、日本の岩手県やカンボジアに生息するキクガシラコウモリからも、新型コロナに類似のウイルスが検出されたことは(人間への感染性は今のところ確認されていないようですが)、交差免疫や免疫記憶により、日本人を含むアジアの人々に新型コロナに対する耐性が備わっている可能性を、強く感じさせるものでした。人類の長きに渡る感染症との戦いの歴史から見て、相対的に強い細胞性免疫力等、コロナに何らかの耐性をも持つハプロ・グループのみが、アジアで生き残ることが出来たのかも知れません。昨年12月に実施された抗体検査では、東京で陽性率0.91%と依然低い水準で、これを以って集団免疫に程遠いとの解釈も有りますが、抗体を誘導するまでもなくウイルスを撃退している人々の割合が、日本では如何に高いかを示す科学的根拠だと考えています。そんな日本に於いてワクチン接種が “鬼に金棒” と行くかどうか、私には分かりません。

緊急事態宣言下の 1月22日(金)、厚生労働省は通達で『Ct値』を変更、WHOの推奨する30~35回に引き下げたそうです。『Ct値』とはPCR検査に於ける遺伝子の増幅回数(1回毎に2倍に増える)、 40~45回という日本の高い『Ct値』が大量の “冤罪” を生んでいる可能性を指摘させてもらいましたが、その点は解消された模様です。”感染確認” という見せかけの数字が減るだけかも知れませんが、第三波で すっかり委縮した私たちが心の平穏を取り戻すには、よっぽど効果が高そうです。

※誤りを修正しました。【誤】 非常事態宣言 →【正】 緊急事態宣言

 

ポストコロナをどう生きる⑧

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。カラッと晴れた冬の朝は冷え込みます。ご存知の『放射冷却』現象、地表の熱が逃げるのを遮る雲(≒水蒸気)がないからです。さて、もう10年以上前になるでしょうか、人気アイドルグループが “お手製の” ソーラーカーで、日本一周をする企画が有りましたね。その後 太陽光パネルの変換率は飛躍的に向上、1日60km程度の普段使いであれば、外部電源に頼らず走行可能な水準に達しているそうです。”発電所” を上に載せた『電動車』の方が送電ロスが少ないので、充電スタンド等のインフラ整備って もしかしたら急がない方が良いのかも知れません。

毎日 5人乗りの乗用車で通勤していると、無駄が多いと感じるのは事実です。ウィークデーは太陽光を蓄電して軽快に走る 2シーター、週末に家族や友人と遠出をする際には、スマホ感覚で大容量のモバイル・バッテリー内蔵の後部座席車両と連結。そんな方式のEVが乗用車サイズで実現されると、効率的かつ とても便利だなと思います。レンジ・エクステンダーは必ずしもバッテリーに限る必要は有りません。お客様の予算や地域のインフラ事情に合わせて、エンジン(発電機)や燃料電池を取り揃えても良いですし、乗車人数や積み込む荷物に合わせて後部座席車両をレンタル出来たら嬉しいですね。駐車など後進する際のアシスト機能は必須、牽引免許の規制緩和も必要となるでしょう。

自動車は日本の基幹産業。弊社の場合、自動車関連のお客様との直接的な取引は少ないですが、ロータリージョイントやスイベルジョイントをご使用頂いている設備で作られる多くの資材が、自動車の一部となって日の目を見ることになります。ブログの中で、ついつい失礼な物言いをさせて頂きましたこと、深くお詫び申し上げると共に、幼い頃にスーパーカー・ブームを経験し、アイルトン・セナの走りに熱狂した世代の一人として、日本の そして世界の自動車産業の更なる発展を、心よりお祈り申し上げます。

 

ポストコロナをどう生きる⑦

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。1月20日(水)にバイデン米大統領が就任。科学を重視し、地球温暖化防止を安全保障の要と位置付けるそうです。世界で排出量削減が求められる二酸化炭素、実は気候変動の真犯人ではありません。最も温室効果の高いガスは『水蒸気』。地球温暖化の約6割が その『水蒸気』よって もたらされます。大気中に『水蒸気』が増えると気温が上昇、更に水の蒸発量が増加して温暖化が加速、負の連鎖が止まらなくなる現象を『水蒸気フィードバック』と呼びます。その誘因となり得るのがCO2による温室効果(寄与度は21%程度)で、手遅れになる前に排出量を抑制しようという訳ですね。

ウイルス感染を切っ掛けに放出されたサイトカインが、新たなサイトカインの放出を呼ぶ『サイトカインストーム(=免疫の暴走)』って、なんだか『水蒸気フィードバック』によく似ています。新型コロナで重症化した患者の血液の中では、免疫細胞の働きを抑える役割を持つ『制御性(レギュラトリー)T細胞』の著しい減少が見られるそうですが、感染の結果として『制御性T細胞』が減少したとの見方がある一方で、加齢や基礎疾患により『制御性T細胞』が元々少なく、免疫系に歯止めを掛ける能力の低い患者が重症化したとの説も有力です。

『胸腺』と呼ばれる器官で新たに産生されるT細胞(ヘルパー・キラー・制御性等を含む)の量は、40代には新生児の1/100程度まで低下、高齢者で『自己免疫疾患(=免疫の暴走)』の頻度が高まるのは周知の事実で、このような現象を『免疫老化』と言います。ワクチン接種後の強い炎症反応も、免疫の衰えた高齢者にとってはリスク要因。新型コロナが “悪玉” であることに疑いの余地はありませんが、実は高齢化社会に潜む問題を顕在化したに過ぎないのかも知れません。年輪を重ねるに連れ、ブレーキを踏んだつもりが暴走を止められなくなるのは、どの世界に於いても共通の課題のようです。

 

ポストコロナをどう生きる⑥

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。数年前、”elecrified vehicle” という英語が現れました。電気自動車は “electric vehicle” ですから それとは別の概念で、最近は『電動車』と訳されることが多いです。この『電動車』とか『電動化』の定義というのが、日本と海外で異なるので誤解が生じます。要はHVを『電動車』に含むか含まないかなのですが、EVとの違いは “発電所” を内に持つか外に持つかだけなので、HVも『電動車』と呼んで差し支えないと個人的には思っています。”送電線” が短い分、HVの方がエネルギー効率が良いのは明白です。

言葉の定義と言えば、再び議論を呼びそうなのが『感染』です。PCR検査の導入以降、陽性=『感染』としてしまった為、ワクチン接種開始を前に大きな矛盾を抱えることとなりました。PCR増幅法は犯罪捜査のDNA鑑定にも使われる手法で、そこに どんな遺伝子が有るかを調べるのに適していますが、遺伝子の持ち主であるウイルスに感染性が有るかどうかまでは判定してくれません。ウイルスを不活化する空気清浄機を設置しても、死骸に残った遺伝子を吸い込めばPCRは陽性反応。ワクチンを接種して多くの人が抗体を持った後も、喉に貼り付いた微量の遺伝子を検知して、”適格な”『感染』 判定を提供し続けることでしょう(特異度による “擬陽性” とは別の問題です)。 このままでは、どんなに優秀なワクチンも『感染』の連鎖を止められないんです。

ワクチンの有効性を示す為には、PCR陽性=『感染』という定義に誤りが有ったことを、公式に認めなければなりません。国立感染症研究所は、「PCR陽性者の約 1割が感染性のウイルスを保有していない」という事実(=科学的エビデンス)を、既に把握している模様です。こうなると、せめて回復者に抗体検査によるダブルチェックくらいは行わないと、働く機会も奪われ過料まで課せられた “冤罪” 被害者が裁判を起こした時、国に勝ち目は無いような気がします。

ところで、『二酸化炭素悪玉説』が間違いであった場合、誰がどう責任を取ってくれるのでしょう?続きは次回。

 

ポストコロナをどう生きる⑤

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。喉や鼻腔・上気道の粘膜から分泌され、ウイルスの体内侵入を防ぐ抗体を『IgA(粘膜免疫)』と言います。一方、注射型ワクチンによって誘導される抗体『IgG(全身免疫)』は、主に血液中に含まれることから呼吸器を感染から守るには有効でなく、これは1960年代からの常識なのだそうです(ワクチンの重症化抑制効果を、否定するものではありません)。その意味に於いては寧ろ、外出時の医療用マスク着用を義務化した、物理学者でもあるメルケル独首相の決断の方が合理的に感じます。

さて、スーパーコンピューターで解析しても、明日の天気予報すら当たらないのに、10~20年後の温暖化について誰もが信じて疑わないのは、何故なのでしょうか。日本の自動車産業が、環境面で最先端を歩んで来たのは前回お話しした通り。製造から使用・廃棄段階まで含めた二酸化炭素のトータル排出量で、日本の誇るHVの方が優れているとの見方も多いですから、先走る『脱エンジン』の議論に日本自動車工業会が怒るのも無理は有りません。

悲しいかな、自分有利にルールを変えるのが世界の常套手段。ポストコロナの食うか食われるか、国家存亡を賭けた基幹産業の争奪戦が、今まさに繰り広げられようとしているのであって、どちらが二酸化炭素の排出量が少ないかなど、もはや関係ないのです。実際、電動化に本腰の欧米自動車メーカー・異業種からの新規参入組・中国のスタートアップ他が、航続距離や充電時間といった弱点を克服し、ガソリン車を凌駕するような性能を兼ね備えたEVを続々と発表。『グリーン・リカバリー』政策により充電インフラが整備されれば、日本の自動車産業は世界の市場から つまみ出され兼ねない状況です。

我々も現実から目を逸らしてはなりません。続きは次回。

 

【関連記事】↓

社長、五輪に思いを馳せる⑤ https://www.sgk-p.co.jp/blog/3297/