社長ブログ

しばらくコロナとどう生きる⑫

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。前回取り上げさせて頂いた『地域脱炭素ロードマップ』骨子(案) の中に、『ナッジ』という聞き慣れない言葉を見つけました。「『ナッジ』を活用し、日常シーンの中に、省エネ・公共交通利用・環境配慮製品の選択を…」と有ります。『ナッジ』とは何なのでしょうか?

英語で『ナッジ(nudge)』とは「(肘で突いて)そっと後押しする」という意味で、「しつこく文句を言う」という意味の『ナッグ(nag)』と対を成す言葉です。要は『北風と太陽』、強制でなく自発的に行動変容を起こさせる時に効果的なのが この『ナッジ』で、2017年にリチャード・セイラー氏がノーベル経済学賞を取って以降、一般にも知られるようになって来ました。世の中は既に『ナッジ』で満ち溢れています。最近の例で言えば、コンビニエンスストアの床にあるレジ待ちの足跡。コロナ禍に於いても自然と、ソーシャルディスタンスが取れるように工夫されています。脱炭素社会の文脈にも、この手法を取り入れて行こうという訳ですね。

人間は意思決定に伴う疲労感や負担感を嫌い、直感や感情に訴えかけるイメージや表現に誘導され易い特徴も有るそうです。このような人類の心理特性を悪用することを、『スラッジ (sludge) =汚泥』と言います。スプラリミナル効果を狙った広告(サブリミナル効果が無意識に訴えるのに対し、目に見える形で購買意欲を掻き立てる)、世論を動かすフェイクニュースにプロパガンダ、パラメーターを入れ替えるだけで自らの主張に都合の良い未来予想を描く数理モデル 、陰謀論。『ナッジ』とも『スラッジ』とも判断の付かない大量の情報に囲まれて生きる私たち、コロナ禍の自粛生活の長引く中 、物事を理性的に熟慮する能力は既に奪れてしまっているかも知れません。時の政権が公けの目に触れる文書内で『ナッジ』という用語を平気で使うことに、”得体の知れない薄気味悪さ” とマキャヴェリストとしての “センスの悪さ” を感じるのは、果たして私だけでしょうか。

さて、リチウム資源確保に苦戦する日本勢に救世主。日本発、EVの走行距離を飛躍的に伸ばすポテンシャルを秘めた、パワー半導体の生産がスタートしました。床一面に大容量のバッテリーを敷き詰める必要が無くなるどころか、二次電池開発競争に終止符を打つ程の強烈なインパクトを持つ製品です。産業界に必要な答えを出してくれるのは、いつだって産業界なのです。

 

しばらくコロナとどう生きる⑪

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。政府の『脱炭素社会』実現に向けたロードマップが発表されました。内閣府のホームページに骨子(案)が掲載されていましたので、目を通してみて拍子抜け。選挙対策?地域の実情やその活力を生かそうとの意図は分かりますが、産業界の不安や疑問に答えるものとは程遠く、これで46%の削減目標を達成できると政府は信じているのかと、逆に不安になったくらいです(苦笑)。

さて、昼夜・季節問わず変動しないベース電源として、期待されている再生可能エネルギーが地熱発電。今回は過去の朝礼(2014年10月)で取り上げたエピソードからお届けします。2014年9月、紅葉でにぎわう御嶽山で突然の噴火、58名の登山客が犠牲になり、戦後最悪の噴火災害となってしまいました。日本列島は複雑な4つの地殻プレートの上に跨っています。巨大なプレートが動くエネルギーで、出来たひび割れ(フォッサマグナ)からマグマが上昇。気象庁の火山噴火予知連絡会は、噴火2週間前に火山性地震の増加を確認しながら、比較すべき過去のデータが存在せず、結果として現場レベルでの入山規制等の事前対策に繋げることが出来なかったそうです。

世界第3位の資源量を誇りながら、その80%が国立・国定の自然公園内に在り、地元の反対(景観・温泉問題)も根強いことから、地熱発電所の建設は なかなか進みません。2013年に活発な火山性地震の続いた箱根でも、温泉独特の硫黄臭に私でも感じるくらいの変化が有りましたし、2年後の2015年には水蒸気爆発が発生、地元経済に大きなダメージを与えました。自然災害の多い日本、火山のエネルギーで電気を起こし、その収益の一部を火山の監視活動の資金に充てるというのは、非常に理に適っていると個人的には思うのですが…

コロナが明けたら、家族で温泉旅行にでも行きたいです(笑)。

 

しばらくコロナとどう生きる⑩

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。”狡猾なキツネ” という表現は、マキャヴェリストにとっては最上級の誉め言葉です。ただ、国民からは嫌われるでしょうね(苦笑)。穏健な保守層の、環境問題に理解ある中小企業経営者を自認してきた私ですが、流石に今回ばかりは思うところもあるので、五輪の成否に関係なく、次期総選挙では白票を2票投じることに決めています。

さて、このブログを最近 読み始めて下さった皆さん(それ程、多くはないと思いますが)は、私がCO2削減に反対で非協力的な人間だと感じていらっしゃる方も多いかも知れませんが、然に非ず。工場の屋根には太陽光パネルが敷き詰めてありますし、不便を承知の上で燃料電池車に乗り続けています。最近「パパは花が好きね」と妻に言われて初めて、花の写真ばかりブログに上げる自分が恐らく他の男性より植物が好きで、”緑” を愛しているということに気付かされました。

話は 2019年の11月に遡ります。CO2大口排出事業者に勤める大学時代の友人が、転勤先から上京するとのことで、新宿で一杯やることになりました。大学を卒業して25年以上が経過し、今はお互いに家族を養う父親同士、話の流れは自然と、子供たちが幸せな将来を迎える為に私たちは何をすべきかに進んで行きました。スターウォーズ・シリーズの大好きな彼の意見は、「我々は宇宙の果てに、第二の地球を求めるべき」というものでした。私は「陸地の全てを植物に明け渡し、人類は海上の浮き島で生活すべき」と訴えました。皆さん お気付きの通り、何とかしたいとの気持ちは強いものの、「地球温暖化は止められない」というのが2人の共通認識だったんです。

弊社の会計年度は5月決算。6月から新年度がスタートしました。大口排出事業者に勤める我が親友とその家族の皆さんの為にも、弊社でも より環境に配慮した経営に取り組んで行こうと、決意を新たにした次第です。因みに 2019年11月に2人が環境問題を語り合った お店は、環境負荷が高いとされるブラジルの肉料理、シュラスコ食べ放題。駄目だこりゃ(苦笑)!!

【関連記事】↓

ラッキーな社長⑤ https://www.sgk-p.co.jp/blog/253/

社長、水素で走る⑫ https://www.sgk-p.co.jp/blog/2315/

 

しばらくコロナとどう生きる⑨

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。IEA(国際エネルギー機関)がCO2排出ネットゼロ実現に向けた道筋を提示、You Tubeでも配信されているので拝見させて頂きました。ファティ・ビロル事務局長は冒頭の挨拶で、今年の排出量が歴史上2番目の増加になる見込みとし、「各国や産業界のリーダーは口約束だけで、実際に責任を果たしていないことは、数字が示している」と述べています。昨年はコロナ禍の影響で5.8%減少していますから、今回の増加は誰かの不作為の結果という訳ではないと思うのですが?

チーフエコノミスト室副所長のローラ・コッツィ氏が、内燃エンジンと共に2035年までに禁止すべき物として挙げているのが化石燃料焚きボイラーの販売で、そこに産業用ボイラーまで含まれるかどうか定かでは ありませんが、家庭用ガス湯沸かし器が使えなくなるとなると、湯船に浸かる日本人の伝統的入浴スタイルを守ることは難しくなって来るかも知れません。石油や石炭を掘って生計を立てていた人たちには、南米に行ってリチウムを掘ることを薦めています。そんな無茶な…

エネルギー技術展望部門のティモール・グルー氏は、既存の技術でCO2排出削減可能とされる、『エネルギー部門』と『交通部門』が2030年頃まで削減の中心的な役割を担い、技術革新の必要とされるセメント製造業・鉄鋼業・化学工業などの『産業部門』と『交通部門』の長距離輸送に対して、技術開発に積極的な投資をすることを求めています。2050年以降 世界の石油・ガス需要が激減する中、その52%はOPECから買うことが既に約束されているようにも聞こえました。

なお、IEAは この報告書は飽くまでも一つの提言で有って、各国がそれぞれの事情に合わせ2050年のネットゼロを実現する上での、マイルストーンを示したものだとしています。私たちの生活に大きな影響を及ぼす可能性のあるエネルギー政策、国民の審判を受けていない政権がコロナ禍の どさくさに紛れて話を進める姿は、まるで “狡猾なキツネ” のようです。私には民主的プロセスを踏んでいるとは思えません。

【関連記事】↓

社長、with コロナを生きる⑩ https://www.sgk-p.co.jp/blog/5841/

 

しばらくコロナとどう生きる⑧

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。白血病の治療の一環として行われる骨髄移植等の造血幹細胞移植で、しばしば問題となるのが拒絶反応。免疫細胞が自己と非自己を区別するための目印となる、HLAの違いによって生じます。白血球の “血液型” と言われる HLA、赤血球にA・B・O型の区分の他にRhプラス・Rhマイナス型の区分が有るのと同様、A座・B座・C座・DR座など複数の区分を持っています。それぞれの区分で数~数十種類の型 (2007年の段階で確認されていたのは、HLA-Aが28種類、 HLA-Bで62種類、HLA-Cで10種類、HLA-DRは24種類、HLA-DQで9種類、HLA-DPで6種類)が有るのに加えて、通常の優性遺伝(最近は顕性遺伝と呼ぶ)と異なり、両親から引き継いだHLAの両方を発現する(両優性)ので、その組み合わせは数万通りに及びます。骨髄移植でHLAが完全に一致するドナーを探すのが難しいのは、それが理由です。

HLAはⅠとⅡの二つのクラス(前述の HLA-A・ HLA-B・HLA-CはクラスⅠ分子、HLA-DR・HLA-DQ・HLA-DPはクラスⅡ分子)に分けられ、クラスⅠ分子については白血球だけでなく赤血球を除くすべての細胞に存在します。それらは細胞の表面に突き出した “マジックハンド” のような形状で、体内に入った病原体や癌細胞等、異物の情報(抗原ペプチド+何らかの情報伝達物質)を免疫細胞に手渡す役割(抗原提示)を果たし、免疫細胞(T細胞)は受け取った情報を元に、オーダーメイドの治療 (獲得免疫)を行います。例えば、癌に侵された細胞のHLAクラスⅠ分子から情報を得たキラーT細胞は、その癌細胞自体を攻撃・破壊します。B細胞が抗体を産出するのは、ウイルスを貪食したマクロファージ(白血球の一種)等のHLAクラスⅡ分子の抗原情報を元に、ヘルパーT細胞がサイトカインを放出した場合です。

さて、インド株の変異『L452R』は、日本に相対的に低い感染率や死亡率をもたらすHLA-A24(日本人の6割が持つHLA-AクラスⅠ分子で、欧米では1割前後であることから、所謂 “ファクターX” の第一候補と考えられている)の細胞性免疫を回避する( “マジックハンド” の形状が合わない等の理由で、抗原提示が上手く行かず、キラーT細胞 がウイルス感染細胞を破壊できない)可能性が有り、注意が必要だとの報道がされました。ここで思い出して欲しいのが、A座には親から受け継いだ もう一つのHLA-A分子が有り、A座が駄目でもB座・C座の “マジックハンド” が弱点をカバーする ということです(2021年の段階ではHLA-A24も更に細分化されて、24:02~24:88の10種類が有ることが分かっている)。 ウイルスへの感染又はワクチン接種によりDR座 ・DQ座・DP座のクラスⅡ分子が働き出せば、いよいよ体内に免疫グロブリン(抗体)が誘導されます 。

複雑が故に時に白血病患者を苦しめる免疫機構ですが、私は その “多重防御システム” の可能性を信じて、アスリートの皆さんを暖かく見守りたいと思っています。医療現場で奮闘中の皆さんだって、彼女の復活を応援したいに違いありません。

※誤字脱字を修正しました。

【関連記事】↓

ラッキーな社長⑥ https://www.sgk-p.co.jp/blog/260/

 

しばらくコロナとどう生きる⑦

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。次世代バッテリーの最右翼『全固体電池』が、実用化までに乗り越えなければならない最大の壁は、資源調達の問題かも知れません。主要な原材料となるリチウムの資源量は、急増する需要に対し十分とは言えません。世界全体の埋蔵量の6~8割が南米3ヶ国(ボリビア、チリ、アルゼンチン)に偏在、採掘権を巡る激しい争奪戦が繰り広げられていて、原材料が調達できなければ生産技術を確立してもお手上げです。今回は過去の朝礼(2016年2月)で取り上げたエピソードから。

弊社も測定や分析で時々お世話になっている公的な試験研究機関、『SAITEC(埼玉県産業技術総合センター)』の皆さんが、世界に先駆けて実用化に向けた技術を確立したのが、前回お話した『マグネシウム蓄電池』です。 高価なリチウムではなく資源量の豊富なマグネシウムを採用、海水からも精製できることから原材料コストを約25分の1に抑えられ、水に触れると発火の危険性のあるリチウムと比較してマグネシウムは安全です。しかもリチウムイオン電池の2倍以上の蓄電容量が期待できるとあって、世界各国の研究機関が開発競争に鎬を削っていた中での快挙です。放電と充電を繰り返すと電池容量が大幅に減ってしまう点と、室温(20℃)で安定的な性能を実現化するのが非常に難しいという点を克服、電池メーカーや埼玉県内の企業と共同開発を続けるとのことでした。

その後どうなったのか調べてみると、2018年5月15日に「SAITECと埼玉県内企業の共同により試作品が完成した」と埼玉県が発表、現在も『マグネシウム蓄電池の実用化研究会』と『マグネシウム蓄電池活用製品研究会』を立ち上げ、早期実用化に向けた活動を続けていらっしゃるようです。2021年に入って正極材の開発にも進展があり、今後も『マグネシウム蓄電池』からは目が離せません。何せ私も含め “海なし県” の埼玉県民は、人一倍、海に対する あこがれが強いのです(笑)。

“さざ波” を喰らった日本は沈没寸前。ツバルでは海面上昇対策として、海抜5~10mの人工島を作る計画が有るようです。

 

しばらくコロナとどう生きる⑥

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。科学と技術は異なります。理論的に可能でも、それを実際に適用するのは難しいものです。その技術をビジネス化するには、「採算を合わせて利益を出す」という、更に大きな壁が立ちはだかります。石油化学産業が一つの時代を築き上げることが出来たのは、原油を蒸留して出来る『副産物』を『連産品』として余すことなく活用し、莫大な利益をもたらしたからに他なりません。脱炭素技術の場合は どうなのでしょう?

例えば『グリーン水素』を作る際、資源量の豊富な海水を電気分解することになるでしょう。水素と共にできるのは酸素でなく次亜塩素酸ナトリウム、”まぜるな危険” でご存知の塩素系漂白剤の主成分です。この『副産物』を商売の道具として上手く活用することが、『グリーン水素』ビジネス化の鍵となるかも知れません。

海水の電気分解 自体は新しい技術ではありません。海に面したプラントや船舶の海水取水口に繁殖する、フジツボやムラサキイガイなどの海洋生物が付着するのを防止する為の設備としての実績が有って、この場合に必要なのは殺菌作用のある次亜塩素酸ナトリウム。一方の水素はというと、実は『副産物』として 大気中に捨てられてしまっているみたいです(笑)。 先日 取り上げた『CNF』のコスト削減のブレイクスルーも次亜塩素酸ナトリウムで、『グリーン水素』と『CNF』は意外と相性が良いと思います。

コストを掛けて淡水化してから電気分解するならば、海水に含まれるミネラル成分も有効活用しなければなりません。例えば、バッテリー素材として有望なマグネシウムを淡水化の過程で安価に回収する技術が確立すれば、『グリーン水素』と『マグネシウム二次電池』が蓄電技術の両輪となり、リチウムイオン電池に次ぐ巨大ビジネスに成長する可能性だって有ります。

さて、海水由来の『グリーン水素』がビジネス化すると どうなるか?海水面は低下して、ツバルは沈まずに済むかも知れませんね(苦笑)。

【関連記事】↓

社長、水素で走る④ https://www.sgk-p.co.jp/blog/1522

 

しばらくコロナとどう生きる⑤

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。2021年4月から『溶接ヒューム』が特定化学物質に追加され、より厳しい衛生管理が求められるようになりました。弊社の溶接作業場は比較的 換気も良く整理・整頓もなされていたので、2020年8月に初めて実施したサンプル測定の結果にはショックを受けましたね。金属や金属酸化物の粒である『溶接ヒューム』は比重が大きいので、空気中を漂った後 最終的には床に溜まります。現在は防塵マスク着用の徹底と 1日一回のモップ掛け(粉塵が飛散しないよう床の水洗い)を励行、義務化の始まる来年4月までには発生源対策として局所排気装置等を設置できるよう、準備を進めているところです。

2001年に厚生省と労働省を統合、厚生労働省が誕生してから既に20年が経過しました。飲食店の利用者の健康を守る感染防止対策に、働く人の健康を守る労働衛生行政のノウハウが活かされていないと感じます。一つの目安とされている『必要換気量』も建築基準法によるもので、守るべき数値基準も示されないままなのは何故なのでしょう。根本的な対策が打てないままスケープゴートにされている飲食店の経営者の皆さんは、本当に可哀そうです。

さて、2020年の二酸化炭素排出量 前年比 5.8%マイナスは、日本の年間排出量を倍近く上回る値。それでも温暖化が止まらないと言われると、私たちが46%の数値目標をクリアしても足りないのは明らかです。一度 沈めて水で洗い流した方が良さそうな島嶼が、南シナ海には沢山 有ります。沈んだら困ると考える国のリーダーが真剣にCO2排出量削減に取り組んでくれれば、南太平洋の島々も海面上昇の危機から救われることでしょう。

※一部、加筆修正しました。

 

しばらくコロナとどう生きる④

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。コロナ禍により世界の経済活動が停滞する中、IEA(国際エネルギー機関)によれば世界のCO2排出量は前年比 5.8%減。打撃の大きかった航空分野では40%も下回ったにも関わらず、大気中の二酸化炭素濃度は上昇を続け、2020年の世界の平均気温は産業革命前の水準を約 1.2℃上回る水準だそうです。両者の相関が崩れたとするならば、因果関係を今一度疑って、「CO2濃度上昇には人為的な排出とは別に何か原因が有るかも知れない」と考えるのが科学的アプローチなのですが、脱炭素に舵を切った世界からは そのような意見が一切 聞こえて来ないから不思議です。

日本の石炭火力発電は、SOxやNOx等の環境汚染物質を90%以上除去する、クリーンな技術を磨いてきました。「アンモニアを混焼すればCO2排出量を削減できる」「二酸化炭素の再資源化技術に目途が立った」と訴えても、国連事務総長は “石炭中毒” の意見に聞く耳を持たず、自説の『石炭火力発電廃止論』を曲げる気はなさそうです。石炭関連産業に対して何の恨みがあるのか知りませんが、最早、目的と手段が入れ替わってしまっていると感じざるを得ません(苦笑)。バイデン米大統領の言葉を借りて地球温暖化を安全保障問題とするならば、「有事法制を以って私権を制限してでもCO2削減を強要する」という意味なのでしょう。コロナ対応と同様、私たちが普遍的価値と信じて来た自由と民主主義は、”科学” を装った権威主義を前に風前の灯火です。

国際的同調圧力に屈した訳ではないでしょう、気候変動サミットでは日本も温室効果ガスの削減目標を上積みし、いよいよ『グリーン成長戦略 』が本格化します。当面は現在の仕組みを維持しながら並行して、新しいカタチを築き上げて行かなければならないですから、二酸化炭素の排出量はビックリするほど増えると思います。また、雲を掴むような開発案件に税金が湯水のように投入されるかも知れません。が、ヒステリーを起こさないで見守って下さい。私たち産業界の努力次第で、”南太平洋の楽園” ツバルを海底に沈ませないくらいは、実現可能かも知れませんので。

なお、WDCGG(温室効果ガス世界資料センター)は、2020年の二酸化炭素濃度に関する公式な数字を まだ開示していないようです(『WMO温室効果ガス年報 』の発行は、毎年10~11月頃)。

※誤りを修正しました。

 【誤】有事法制を以って主権を制限→【正】有事法制を以って私権を制限

※一部、加筆修正しました。

 

しばらくコロナとどう生きる③

こんにちは。㈱昭和技研工業の岩井です。抱えきれない程の宿題を貰って帰ってくるのは明白なので、少し気分を変えましょう。日本の『グリーン成長戦略』には、中高層の建築物ですら木造(植物性素材はカーボンニュートラル)にしようという、野心的な取り組みも含まれます。今回は久々に、過去の朝礼(2015年11月)で取り上げたエピソードから。鋼鉄の五分の一の軽さで強度はその約5倍、熱にも強く透明な材料に加工することも可能という、夢の新素材について話をさせて頂きたいと思います。

その新素材というのは『CNF(セルロースナノファイバー)』。木材に含まれる植物繊維を機械的・化学的に解きほぐした、白色半透明の糊のような物質です。その特性を生かして、様々な用途に実用化されることが期待されています。例えば、その保水力と粘り気を活かし食品・化粧品・塗料・接着剤・医薬品の原材料として、その軽さと強度を活かし金属や炭素繊維に替わる繊維強化複合材料として、応用が可能だそうです。また、木材パルプという環境に優しい天然素材を原料としていることから、豊かな森林に囲まれながらそれを有効活用できていない我々日本人にとっては、更に期待の膨らむ話だと言えます。

研究開発や用途開発の中心になっているのは、紙と同じ木材パルプを原材料とするだけあって、日本の紙・パルプ産業を支えてきたトップ企業の皆さま。思い返せば、液晶用の機能性フィルムや航空機の炭素繊維などの素材も、元はと言えば1980年代以降、日本では “斜陽産業” と見なされていた化学繊維メーカー開発陣の不断の努力の賜物です。最近になって『CNF』のコストを大幅に改善する “ブレイクスルー” が有ったそうで、2000年代に入って以降 多くの印刷物がデジタルデータに置き換わり、構造不況に曝されてきた製紙業界が、今度は日本の歴史に新たな 1ページを書き加える番なのかも知れません。